サトカズの片割れがつづる設計の日常
by satokazu_n
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール

サトカズ事務所

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
タグ
(124)
(67)
(53)
(28)
(26)
(25)
(14)
(14)
(13)
(7)
(3)
(3)
(2)
カテゴリ
今日このごろ
展覧会
たてもの見学
インテリアプランニング
建築法規
家づくりのまえに
コンペ雑感
HC248-高窓と中庭のある住まい
HC241-彩のある住まい
模型
P1グランプリ
WH454-海と山を望む家
WH452-見晴し台の家
WH448-柔らかくつなぐ家2
WH447-柔らかくつなぐ家
HC219-ふたつの庭
HC218-杜と水のホール
WH431-見晴し台
HC207-二世帯住宅
WH422-T-house
HC204-よりそう家
HC203-素のすまい
HC202-自然と会話する家
以前の記事
2011年 02月
2010年 10月
2010年 08月
more...
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ユニットバスの裏の通気について
木造住宅の各部の断熱材とその設置方法、気密性に関して調べているうちに
ユニットバスの裏側、つまり基礎とユニットバスの間の隙間部分の通気について
疑問をもった。

d0138618_15304839.jpg


土台と基礎の間にねこ土台を設置して床下を外気と一体にした場合でも、
ユニットバス周囲だけは基礎と土台を密着させて室内の気密を確保するのですが、
その場合、ユニットバス裏の隙間の空気は密閉されたままになってしまう。
ユニットバスの性能上水密性は問題ないのでしょうけれども、
多少は湿気が回りこむのではないか?、結露は?・・・と考えた。

いっそのことユニットバスの区画も他の床下と同様に外気に通じさせてしまえばよいのでは・・・
と考えてみたものの、そうなるとユニットバス自体の断熱が問題になる。気密も取りづらい。

あれこれと考えたあげく、結局現状に戻す。
浴室の換気線で24時間換気をすることで基本的には常時負圧になっていること。
室内の空気とつなげて循環させることで、不健康な滞留はさけられること。
壁の断熱材は耳付きのグラスウールで気密性や防湿性が確保されていること。
などから大丈夫そうだなということで踏ん切りをつける。

浴室の基礎部分に雑菌の繁殖を抑える抗菌剤を塗布するなどの工夫は有効かもしれない。
(加筆:考えてみたらふつうに防腐防蟻材を塗っているから心配なさそうではあるが、)
(・・・いろいろ考えると密閉したまんまということになりそう。もとのモクアミか)

断熱材は日進月歩。
日々要チェックと悟る。


サトカズのホームページ
サトカズとは
サービスと料金
設計のプロセス
サトカズの作品集

>>>お問合せはこちら

[PR]
by satokazu_n | 2009-10-08 12:47 | 今日このごろ
<< 困ったときの家具だのみ。 日本伝統工芸展へ行ってきました... >>