サトカズの片割れがつづる設計の日常
by satokazu_n
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

サトカズ事務所

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
タグ
(124)
(67)
(53)
(28)
(26)
(25)
(14)
(14)
(13)
(7)
(3)
(3)
(2)
カテゴリ
今日このごろ
展覧会
たてもの見学
インテリアプランニング
建築法規
家づくりのまえに
コンペ雑感
HC248-高窓と中庭のある住まい
HC241-彩のある住まい
模型
P1グランプリ
WH454-海と山を望む家
WH452-見晴し台の家
WH448-柔らかくつなぐ家2
WH447-柔らかくつなぐ家
HC219-ふたつの庭
HC218-杜と水のホール
WH431-見晴し台
HC207-二世帯住宅
WH422-T-house
HC204-よりそう家
HC203-素のすまい
HC202-自然と会話する家
以前の記事
2011年 02月
2010年 10月
2010年 08月
more...
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
CO2削減25%の社会とは?
お昼をとりながらCO2削減25%のニュースをみました。
技術革新とライフスタイルの変化で達成可能(ではないか?)といった話をしていました。

詳細を知る必要がありますが、CO2削減25%といっても一定の経済成長率を達成しながらという条件があって、単に量を減らせばいいというものではない。経済界としては、環境技術がこれからの国際社会の切り札になるから国と一体となって技術革新と国際競争力を身につけたいという思惑があるのだろう。「決して否定的ではないものの・・・」というコメントにそんな気持ちが見えてきます。

さて問題は「ライフスタイルの変化」というもの。
消費を促進しながらCO2を削減って、どうするんだろうと不思議に思う。

今はエコ製品への買い替え需要やリフォームなどの奨励によってお尻を叩いているのでしょうけれども、いつまでも続くわけがない。一般消費者の純粋に必要な消費なんて、本当にたかが知れていると思う。それを誰もが実行したら大不況が来るのでは?
ひょっとしたら一般社会にもCO2排出量取引を個人も利用しなきゃいけないってことかな。

やっぱり企業間、国家間でCO2排出量取引で儲けた国相手に環境技術を売ってCO2排出量を買い取るということか。日本は資源のない国といったってCO2まで同様とは。・・・涙
カレーをほうばりながら。


サトカズのホームページ
サトカズとは
サービスと料金
設計のプロセス
サトカズの作品集

>>>お問合せはこちら

[PR]
by satokazu_n | 2009-10-19 12:51 | 今日このごろ
<< グレーチングハウスの掲載 三菱一号館の続編 >>