サトカズの片割れがつづる設計の日常
by satokazu_n
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

サトカズ事務所

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
タグ
(124)
(67)
(53)
(28)
(26)
(25)
(14)
(14)
(13)
(7)
(3)
(3)
(2)
カテゴリ
今日このごろ
展覧会
たてもの見学
インテリアプランニング
建築法規
家づくりのまえに
コンペ雑感
HC248-高窓と中庭のある住まい
HC241-彩のある住まい
模型
P1グランプリ
WH454-海と山を望む家
WH452-見晴し台の家
WH448-柔らかくつなぐ家2
WH447-柔らかくつなぐ家
HC219-ふたつの庭
HC218-杜と水のホール
WH431-見晴し台
HC207-二世帯住宅
WH422-T-house
HC204-よりそう家
HC203-素のすまい
HC202-自然と会話する家
以前の記事
2011年 02月
2010年 10月
2010年 08月
more...
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
丸の内散策 ― 明治生命館
さて明治生命館です。屋内での様式建築の集大成。GHQの接収されて対日理事会の会場になるなど歴史的な場にもなっています。1997年に重要文化財に指定。

この日は千代田線二重橋前の駅から電車に乗って帰ろうとふらふら歩いていたのですが、お堀側の入り口に公開中の小さな張り紙が・・・。何も考えずに吸い込まれてしまいました。

d0138618_14464730.jpg
扉のモールディングと枠まわりのデザイン。きちんとカッコよく納めようとすると、こういうところに難しさが現れる。
d0138618_14465627.jpg
基壇の意匠。通りの向こうから建物全景を撮影しようと思ったのですが、かなり遠くまで行かないとうまくカメラに収まらないと思い断念。d0138618_1447367.jpg
執務室の様子です。こういうところで商談や会議をしたんですね。机と椅子とテーブルだけで資料を置く棚が見当たらない。情報は全部頭に入っていたのかな。などと考えながら。d0138618_14472012.jpg
d0138618_14471195.jpg

案外、ドメスティックな内装。木やテキスタイル、じゅうたんといった柔らかい材料が多く用いられています。
この部屋ではありませんが、窓にかかるカーテンのドレープ(ひだ)がきちんとデザインされていました。恐らくそういう専門の職人さんが手掛けたのだと思います。壁のクロスもビニールではなく布。恐らく絹だと思います。きれいな刺繍が入っているのですが、パッと見ただけでは継ぎ目がわからない。しかもシミやしわもない。すごいなーの一言です。

こんどはもう少し気合を入れて見よう。ちょっと不意打ちだったような。

1934年の竣工。東京中央郵便局の翌年の完成。ほぼ同時に完成したといってもいい。
かたや様式建築。かたやモダニズム。
一度取り壊されて復元された三菱一号館。
取り壊されんとする刹那にかろうじて首の皮一枚残った東京中央郵便局。
重要文化財として今なお現役の明治生命館。

丸の内って本当に面白い。


サトカズのホームページサトカズとはサービスと料金設計のプロセスサトカズの作品集
>>>お問合せはこちら

[PR]
by satokazu_n | 2009-11-07 15:17 | たてもの見学
<< 某有名デザイナーのスプーンを使... 丸の内散策 ― 東京中央郵便局 >>