サトカズの片割れがつづる設計の日常
by satokazu_n
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

サトカズ事務所

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
タグ
(124)
(67)
(53)
(28)
(26)
(25)
(14)
(14)
(13)
(7)
(3)
(3)
(2)
カテゴリ
今日このごろ
展覧会
たてもの見学
インテリアプランニング
建築法規
家づくりのまえに
コンペ雑感
HC248-高窓と中庭のある住まい
HC241-彩のある住まい
模型
P1グランプリ
WH454-海と山を望む家
WH452-見晴し台の家
WH448-柔らかくつなぐ家2
WH447-柔らかくつなぐ家
HC219-ふたつの庭
HC218-杜と水のホール
WH431-見晴し台
HC207-二世帯住宅
WH422-T-house
HC204-よりそう家
HC203-素のすまい
HC202-自然と会話する家
以前の記事
2011年 02月
2010年 10月
2010年 08月
more...
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カザルスホール ― お茶の水スクエア外観など
d0138618_1051112.jpg
すごいすごいと感心しているうちに演奏は終わり、ホール内部をなめるように鑑賞した後、ホワイエに戻る。演奏のことやお互いの近況、これからどこへ行こうかなどなど話が尽きないのか、なかなか人は引かない。

長い余韻に心地よさの漂うホワイエをあとにして外観を見に外へ

d0138618_10511198.jpgd0138618_10512179.jpg
d0138618_10513159.jpgd0138618_10514165.jpg
Wikipediaによれば
1987年(昭和62年)12月8日に、日本初の室内楽専用ホールとして、カザルスホールが開設された。ウィリアム・メレル・ヴォーリズの設計による旧主婦の友社ビル(1925年(大正14年)竣工)のファサードを残して復元しつつ、高層部を付加したデザイン
とのこと。GRCの装飾などをみるとややハリボテ感が否めないような気がするのだが、当時はこれが限界だったのかもしれない。保存しようとしたが無理ということで復元という手法に相成ったという不確かな記憶がある。この日見た限りでは、この建物自体は時代とともに押し流されても、カザルスホールは残すべきではないかという気持ちがのこった。国内初の室内楽専用ホールという意味があるだけでなく、意匠的なクォリティーや、パイプオルガンを含めた楽器いとしても、まだまだ価値や存在感があると思う。
そのために自分がなにを負担できるかと問われるとわずかな方法しかないのだが(適切な納税のほか、また入場料を払ってコンサートを聴きに行くとか・・・)、とにかく保存をお願いする旨、意思表明をしたい。
d0138618_10515670.jpg
現在はどうか知らないものの、以前はこの建物の大きな吹き抜けのエントランスホールで東京近郊にある大学の建築学科卒業設計展がおこなわれていた。懐かしいところ。

坂道に対するファサードのリアクションを見ていくと面白い。最近、装飾のある建物というのは目によくなじんで気持ちいいと感じるようになった。逆に、つるっとした面や、装飾のない面というのが、見る側に対する配慮のなさ、言わば疎外感を感じてしまう。やはり加齢現象?



サトカズのホームページサトカズとはサービスと料金設計のプロセスサトカズの作品集
>>>お問合せはこちら

[PR]
by satokazu_n | 2009-11-28 11:33 | たてもの見学
<< お茶の水散策 ― 文化学院のアーチ1 カザルスホール ― パイプオル... >>