サトカズの片割れがつづる設計の日常
by satokazu_n
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

サトカズ事務所

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
タグ
(124)
(67)
(53)
(28)
(26)
(25)
(14)
(14)
(13)
(7)
(3)
(3)
(2)
カテゴリ
今日このごろ
展覧会
たてもの見学
インテリアプランニング
建築法規
家づくりのまえに
コンペ雑感
HC248-高窓と中庭のある住まい
HC241-彩のある住まい
模型
P1グランプリ
WH454-海と山を望む家
WH452-見晴し台の家
WH448-柔らかくつなぐ家2
WH447-柔らかくつなぐ家
HC219-ふたつの庭
HC218-杜と水のホール
WH431-見晴し台
HC207-二世帯住宅
WH422-T-house
HC204-よりそう家
HC203-素のすまい
HC202-自然と会話する家
以前の記事
2011年 02月
2010年 10月
2010年 08月
more...
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
お茶の水散策 ― 文化学院のアーチ1
カザルスホールを見たあとすぐ帰るのももったいないので散策。
何かの雑誌で見て以来、興味のあった建物、文化学院の校舎のリニューアル。設計は坂倉建築研究所(だったと思う。要確認)
d0138618_17375038.jpg
クラッシックを装った、かなり現代的な外観。幾何学と古典に二股をかけてみるものを揺さぶろうという作戦はそれなりに成功していそう。

d0138618_1738180.jpg
d0138618_17381339.jpg
エントランスホールだけの改修だったような気がしたので、ここどまり。守衛さんに見学をさせてもらおうと思い挨拶をしたら「展示も見て行ってください」といわれてしまう。よくみると何か展示している様子。ロマネスクっぽい光と闇の空間。どことなくミステリアスな雰囲気。こんなところで学生たちは何を語る?。

d0138618_1738259.jpg
照明のディテール。
個人的な感想ですが、好感のもてるデザインでした。今はやりではありますが、モチーフの選択と集中というのがきいている感じ。ただし大人の味かなと思っていたらきちんと甘かったという気持ち(なんてね)もしました。

増築の確認申請という面倒なモノに巻き込まれてゴタゴタしております。
しばらく写真でごまかすつもり。お許しを。


サトカズのホームページサトカズとはサービスと料金設計のプロセスサトカズの作品集
>>>お問合せはこちら

[PR]
by satokazu_n | 2009-11-30 17:53 | たてもの見学
<< お茶の水散策 ― 文化学院のアーチ2 カザルスホール ― お茶の水ス... >>