サトカズの片割れがつづる設計の日常
by satokazu_n
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール

サトカズ事務所

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
タグ
(124)
(67)
(53)
(28)
(26)
(25)
(14)
(14)
(13)
(7)
(3)
(3)
(2)
カテゴリ
今日このごろ
展覧会
たてもの見学
インテリアプランニング
建築法規
家づくりのまえに
コンペ雑感
HC248-高窓と中庭のある住まい
HC241-彩のある住まい
模型
P1グランプリ
WH454-海と山を望む家
WH452-見晴し台の家
WH448-柔らかくつなぐ家2
WH447-柔らかくつなぐ家
HC219-ふたつの庭
HC218-杜と水のホール
WH431-見晴し台
HC207-二世帯住宅
WH422-T-house
HC204-よりそう家
HC203-素のすまい
HC202-自然と会話する家
以前の記事
2011年 02月
2010年 10月
2010年 08月
more...
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
船越桂ー「夏の邸宅」展
d0138618_941556.jpg


先週、東京都庭園美術館で行われている彫刻家の船越桂の展覧会「夏の邸宅」展にいってきました。会期は来週の23日まで。

東京都現代美術館で行われた展覧会以来、ちらちらと作品を拝見してきたものの、以前の静謐で穏やかな雰囲気からすると、神話的な面持ちの飛躍に驚かされました。とはいっても船越さんらしさに落ちついてしまうあたりのジレンマもあり、やはりきれいすぎなのではないか、というところに自分では落ちつきました。私ごときが何を言うかと自分でもそう思うのですが・・・

さて、東京都庭園美術館、つまり旧朝霞宮邸の空間と船越さんの彫刻の競演ですが、これは見事としかいい与がなく、一見の価値があると思います。最近の作品になるほど彫刻の目線は上になるので、かなりシンボリックで空間に映えます。そこで実際使用することを想定すると、もの凄い雰囲気です。窓は閉ざされているので、濃密な内面世界が展開しています。アールデコ様式の内装もぴったりで、神話的な世界にとけ込んでいます。

反対に初期の作品は、彫刻の目線が人の目線に近く、ぱっと見には人ごみにまぎれてしまいそうです。事実、2階ホールや、1階庭園側展示室など、人と彫刻が解けてしまい。人が彫刻に見えてしまうという面白い現象も目の当たりに出来ます。

庭園美術館にくるたびに何か発見出来ないかと鵜の目鷹の目なのですが、今回は1階と2階の建具枠の違いを発見。1階の建具枠は縦枠が幅広く、上枠が細い。2階はその逆で、上枠が幅広く縦枠が細い。1階がやや剛直に格式張って見えるのに対し、2階は垂直性が強調され繊細な雰囲気になっています。そのほか壁クロスの貼り際のモールなど面白さ満点です。おかげでかなり歩くはめになりました・・・

というわけで、お時間ある方は是非ご覧下さい。
[PR]
by satokazu_n | 2008-09-18 10:09 | 展覧会
<< 10月ですね 現地調査会 in 鎌倉 >>