サトカズの片割れがつづる設計の日常
by satokazu_n
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

サトカズ事務所

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
タグ
(124)
(67)
(53)
(28)
(26)
(25)
(14)
(14)
(13)
(7)
(3)
(3)
(2)
カテゴリ
今日このごろ
展覧会
たてもの見学
インテリアプランニング
建築法規
家づくりのまえに
コンペ雑感
HC248-高窓と中庭のある住まい
HC241-彩のある住まい
模型
P1グランプリ
WH454-海と山を望む家
WH452-見晴し台の家
WH448-柔らかくつなぐ家2
WH447-柔らかくつなぐ家
HC219-ふたつの庭
HC218-杜と水のホール
WH431-見晴し台
HC207-二世帯住宅
WH422-T-house
HC204-よりそう家
HC203-素のすまい
HC202-自然と会話する家
以前の記事
2011年 02月
2010年 10月
2010年 08月
more...
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
外交官の家
d0138618_22201872.jpg前回に続き横浜の山手西洋館のひとつ、外交官の家です。外観はこうなっています。スレート葺きの屋根に下見板張りの外壁です。明治43(1910)年に建てられました。 設計者はアメリカ人で立教学校の教師として来日、その後建築家として活躍したJ.M.ガーディナーとのこと


d0138618_222269.jpgd0138618_22222097.jpg

左の写真はエントランスをみたところで、右はエントランスを室内側からみたところです。この辺りはあんがい質素ではないかと思います。
階段のからんだエントランスホールがありますが、上手く写真に納まらないので次回への課題ですね。

d0138618_22253015.jpg


エントランスホールの左手の部屋です。これが客間になるのでしょうか。なんだか変な方が写っていますが、部屋の広さはだいたい15帖ほどかもしれません。一般的にはかなり広い部屋のはずですが、ソファーなど調度類が置かれ、きっちりと部屋を使い切っているせいか程よく感じられます。ソファーに使われている金色の唐草の生地と右手スタンドのシェードの生地が揃っているのを気づきました?そのほかカーテンの生地も近くでみると細かな模様が入っていて、とにかくひとつひとつが見て楽しい。
この写真の右手に小さな暖炉付きのニッチスペースがあります。

d0138618_22325199.jpg


広い部屋には気の利いた小さなニッチが付随しています。広い部屋と小さな部屋がお互いに補完し合っているような気がしてきます。広い部屋を使う知恵なのでしょうか。
[PR]
by satokazu_n | 2008-12-18 22:45 | たてもの見学
<< 見晴し台の家 山手西洋館-1 >>