サトカズの片割れがつづる設計の日常
by satokazu_n
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール

サトカズ事務所

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
タグ
(124)
(67)
(53)
(28)
(26)
(25)
(14)
(14)
(13)
(7)
(3)
(3)
(2)
カテゴリ
今日このごろ
展覧会
たてもの見学
インテリアプランニング
建築法規
家づくりのまえに
コンペ雑感
HC248-高窓と中庭のある住まい
HC241-彩のある住まい
模型
P1グランプリ
WH454-海と山を望む家
WH452-見晴し台の家
WH448-柔らかくつなぐ家2
WH447-柔らかくつなぐ家
HC219-ふたつの庭
HC218-杜と水のホール
WH431-見晴し台
HC207-二世帯住宅
WH422-T-house
HC204-よりそう家
HC203-素のすまい
HC202-自然と会話する家
以前の記事
2011年 02月
2010年 10月
2010年 08月
more...
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
いいコンペでしたね
d0138618_7423884.jpg

例によってコンペに提案していたのですが、昨日結果が発表されてました。残念ながら他の方の採用でしたが、今回はいいテンポで選考もすすみ、内容的にも充実したコンペだったのではないかと個人的には思っております。現実面での葛藤など提案者側には悲喜コモゴモあるのでしょうけれでも、住宅コンペという意味で教科書的な展開だったのではなかと思います。

■ 住宅コンペって何だろう・・・

住宅コンペは、依頼者側からみると提案のスーパーマーケット、提案者側からみるとオーダーメイド、という複雑な状況があって、この状況が様々な矛盾を生み出しています。スーパーマーケット的状況とは、自由に選べるけど、欲しいものが出来るかどうかはわからない(一般市場)。オーダーメード的状況とは、欲しいものが出来るけど、自由に選べるかどうかはわからない(限定市場)。性質の違う二つの市場をダイレクトにくっつけたのが住宅コンペの姿だと思います。わかります?

依頼者にとってみれば自分の要望にそった(と思われる)提案から自由に好き勝手に選択ができるメリットがある反面、実現性が失われやすいというデメリットがあります。一方、提案者にとっては参入障壁が少ない(表現の場が得られる)というメリットの反面、消耗戦をを受入れなければならないのです。たいへんです。

■ そんなことを思いながら・・・

実は数日前このコンペに関係している近所の建築家数人で集まる機会があり、いろいろお話をしたのですが、同じ話題について普段思っていることを率直に話すことが出来たのは時間の無駄ではなかったなぁと思いました。何か解決したとか、何かしよう、ということではなく、自分の考えを聞いてもらえたということに単純な喜びがあったように思いました。(そう思ったのは僕だけ?。だとしたらごめんね。でも楽しかったぁ)
あ、たまには同業者とお話するのもいいですよ。僕の案、どうかな。という話題でずいぶん楽しめます。
ひょっとしたら住宅コンペの矛盾を解決する方法というものが、この楽しさのなかにあるのではないかとも思いました。これはまた別の機会に書きたいと思います。

上の写真は表参道の紀伊国屋のところに建っていた建物。テキスタイルのような表層。


サトカズのホームページ
サトカズとは
サービスと料金
設計のプロセス
サトカズの作品集

>>>お問合せはこちら

[PR]
by satokazu_n | 2009-03-25 08:10 | コンペ雑感
<< 前川国男さんの建物に出品/サクラ咲く 懐かしいTEPIA >>