サトカズの片割れがつづる設計の日常
by satokazu_n
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

サトカズ事務所

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
タグ
(124)
(67)
(53)
(28)
(26)
(25)
(14)
(14)
(13)
(7)
(3)
(3)
(2)
カテゴリ
今日このごろ
展覧会
たてもの見学
インテリアプランニング
建築法規
家づくりのまえに
コンペ雑感
HC248-高窓と中庭のある住まい
HC241-彩のある住まい
模型
P1グランプリ
WH454-海と山を望む家
WH452-見晴し台の家
WH448-柔らかくつなぐ家2
WH447-柔らかくつなぐ家
HC219-ふたつの庭
HC218-杜と水のホール
WH431-見晴し台
HC207-二世帯住宅
WH422-T-house
HC204-よりそう家
HC203-素のすまい
HC202-自然と会話する家
以前の記事
2011年 02月
2010年 10月
2010年 08月
more...
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
桜と道路、打合と調査
d0138618_14475422.jpg 写真は青山の住宅街に咲く桜です。道路の真上まで伸びて悠々と咲いています。いいですね。トラックの運転手の方は大変かもしれませんが。それから近隣の方の花びらや落ち葉の清掃も大変そう・・・などと要らないことを感じながら、単なる通行人としての私はただただ目福を楽しませて頂きました。感謝。

 分譲宅地などの住宅街と、こういった旧来からの住宅街では、敷地境界線の柔らかさがぜんぜん違うなぁと思うことがあります。敷地境界線は権利の分かれ目ですが、あくまでも人間が勝手にひいた線です。自然界にもともと最初っからあったわけではありません。犬やネコ、小鳥や虫たち、草や花はこんな線などおかまいなく、どんどん、どんどん、越境していってしまうのです。

 それが良いときと悪いときがあるのでしょうけれども、がんじがらめになってしまった権利関係に風穴をあけ、解きほぐしてくれる写真のような花があるからこそ、柔らかな街並ができるのでしょうね。

打合せの後、川崎市役所へ。開発関係。書類多し。あー。


サトカズのホームページ
サトカズとは
サービスと料金
設計のプロセス
サトカズの作品集

>>>お問合せはこちら

[PR]
by satokazu_n | 2009-04-09 14:49 | 今日このごろ
<< 間取りの基本—「動線」5 千鳥ヶ淵の桜をみて >>