サトカズの片割れがつづる設計の日常
by satokazu_n
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

サトカズ事務所

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
タグ
(124)
(67)
(53)
(28)
(26)
(25)
(14)
(14)
(13)
(7)
(3)
(3)
(2)
カテゴリ
今日このごろ
展覧会
たてもの見学
インテリアプランニング
建築法規
家づくりのまえに
コンペ雑感
HC248-高窓と中庭のある住まい
HC241-彩のある住まい
模型
P1グランプリ
WH454-海と山を望む家
WH452-見晴し台の家
WH448-柔らかくつなぐ家2
WH447-柔らかくつなぐ家
HC219-ふたつの庭
HC218-杜と水のホール
WH431-見晴し台
HC207-二世帯住宅
WH422-T-house
HC204-よりそう家
HC203-素のすまい
HC202-自然と会話する家
以前の記事
2011年 02月
2010年 10月
2010年 08月
more...
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
P1グランプリ「植物と暮らす家」・・・「おいしいかたち」
d0138618_10293430.jpg


P1グランプリの講演を5月5日に行いました。結果、準決勝敗退となってしまいましたが、大変楽しい時間を過ごすことができました。ご参加頂いた皆さま、関係者のみなさまに感謝申し上げます。つたない発表ではありましたが、投票していただいた方に再度心から感謝致します。面白いものになったと自分なりに感じてはいたので、何かを感じていただけた方がいらしたことに率直にうれしく思っております。ありがとうございました。

誤解のないようにあえていいますが、普段は四角い建物ばかり設計しています。出来るだけデコボコのない、モダンでスッキリとした真四角の建物を積極的に指向しています。だからこそ、まるくて、でこぼこした建物を設計してみたい、どこまでも連続する空間をつくってみたい、現代的なプランでありながらクラシカルな様相を持たせたい。などなど考えてしまうのですが、それは実現できたかなと思っています。

後はそれを一般の方にわかるように表現できなければいけませんね。最初からイマジナリー(空想的)な提案をしようと考えていたので、それにあったお話し方があったはずなのですが、戦略と話術が伴わなかったなあと反省ひとしきりです。今思えば、上記のフラストレーションをそのままお話しすればよかったかあと考えています。でも、どんなものを持っていたとしても、それを相手に伝えられなければないも同然ですね。言葉がとても大事だと実感しました。

当日、みえにくかったパースは今日か明日に掲載致します。
ちょっと他の仕事をすませてしまいますので少々お待ちを。


サトカズのホームページ
サトカズとは
サービスと料金
設計のプロセス
サトカズの作品集

>>>お問合せはこちら

[PR]
by satokazu_n | 2009-05-07 11:00 | 今日このごろ
<< P1グランプリ「おいしいかたち... OZONE P1プロジェクト ... >>