サトカズの片割れがつづる設計の日常
by satokazu_n
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール

サトカズ事務所

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
タグ
(124)
(67)
(53)
(28)
(26)
(25)
(14)
(14)
(13)
(7)
(3)
(3)
(2)
カテゴリ
今日このごろ
展覧会
たてもの見学
インテリアプランニング
建築法規
家づくりのまえに
コンペ雑感
HC248-高窓と中庭のある住まい
HC241-彩のある住まい
模型
P1グランプリ
WH454-海と山を望む家
WH452-見晴し台の家
WH448-柔らかくつなぐ家2
WH447-柔らかくつなぐ家
HC219-ふたつの庭
HC218-杜と水のホール
WH431-見晴し台
HC207-二世帯住宅
WH422-T-house
HC204-よりそう家
HC203-素のすまい
HC202-自然と会話する家
以前の記事
2011年 02月
2010年 10月
2010年 08月
more...
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
P1グランプリ「おいしいかたち」ー詳細3
今回も「おいしいかたち」になります。
さて平面図にいくまえになんでこんなカタチになったのかという図がこちら。
d0138618_13151813.jpg

植物のカタチに関するダイアグラムです。

左上の円からはじまって、ぐるぐると円運動をしているうちにだんだん円から外れていく
何とか円に戻ろうとすると逆にゆがみが拡大していく
やがて腕がのびて葉になり、葉が増えて花や実へそして円(タネ)に帰っていく

いろいろな野菜や果物をみているとどうもラセンのカタチを感じます。
ラセンのカタチが崩れたり、歪んだりするとあの丸くてモコモコして、規則性があるようなないような・・・
というカタチになのではないかな、と考えました。
動的なサイクロイド曲線などといったりして。

d0138618_13154490.jpg

1階平面図です。そんなラセンが歪んで平面が出来ています。そのまわりにハーブ類が取り囲んでいます。
d0138618_1316831.jpg

2階平面図
d0138618_13162835.jpg

屋上平面図
d0138618_1335084.jpg

これらが立ち上がるとこんなカタチになります。案外おとなしい。
どうも垂直に立ち上がると堅い感じになりますね。
膨らませるか、斜めに立ち上げればもっとおいしそうにみえたのに・・・


サトカズのホームページ
サトカズとは
サービスと料金
設計のプロセス
サトカズの作品集

>>>お問合せはこちら

[PR]
by satokazu_n | 2009-05-11 13:35 | P1グランプリ
<< 佃(つくだ)の家の解説を書きました P1グランプリ「おいしいかたち... >>