サトカズの片割れがつづる設計の日常
by satokazu_n
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール

サトカズ事務所

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
タグ
(124)
(67)
(53)
(28)
(26)
(25)
(14)
(14)
(13)
(7)
(3)
(3)
(2)
カテゴリ
今日このごろ
展覧会
たてもの見学
インテリアプランニング
建築法規
家づくりのまえに
コンペ雑感
HC248-高窓と中庭のある住まい
HC241-彩のある住まい
模型
P1グランプリ
WH454-海と山を望む家
WH452-見晴し台の家
WH448-柔らかくつなぐ家2
WH447-柔らかくつなぐ家
HC219-ふたつの庭
HC218-杜と水のホール
WH431-見晴し台
HC207-二世帯住宅
WH422-T-house
HC204-よりそう家
HC203-素のすまい
HC202-自然と会話する家
以前の記事
2011年 02月
2010年 10月
2010年 08月
more...
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
明日が楽しみ。またコンペ(仕事もちゃんとしています)
明日、とあるコンペに提案を出す予定です。
明日18時締切なので、8時頃には提出案をブログ掲載しようかな・・・・・・と考えております。

提案してまず最初に思うことは、ほかの人はどんな提案をしているのだろうか、ということです。
同じ敷地にアタックしているわけですから、何となく何を考えてどう設計したかがなんとなくよくわかる。
実際の設計では同じ敷地に複数の建築をたてることは不可能ですから、
コンペならではの醍醐味です。

クライアントへの対応、敷地への対応、作者のイメージ、という三つのベクトルがあって、
そのどちらに振れているか、という見方を僕自身はしているような気がします。
これにプレゼンテーションテクニックもあるかな。
とにかく、じっと見ていると体温が伝わるような瞬間があります。
音楽や舞踏や絵を楽しむのと本当に一緒です。

採用にならなければ、見返りがあるわけではないですから、
楽しく感じたほうが勝ちなんです。
というより、このときを味わうためにコンペに提案しているといった方がいいかもしれない。


サトカズのホームページ
サトカズとは
サービスと料金
設計のプロセス
サトカズの作品集

>>>お問合せはこちら

[PR]
by satokazu_n | 2009-07-02 19:49 | 今日このごろ
<< 彩のある住まい 模型のイスをかんがえてみる >>