サトカズの片割れがつづる設計の日常
by satokazu_n
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール

サトカズ事務所

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
タグ
(124)
(67)
(53)
(28)
(26)
(25)
(14)
(14)
(13)
(7)
(3)
(3)
(2)
カテゴリ
今日このごろ
展覧会
たてもの見学
インテリアプランニング
建築法規
家づくりのまえに
コンペ雑感
HC248-高窓と中庭のある住まい
HC241-彩のある住まい
模型
P1グランプリ
WH454-海と山を望む家
WH452-見晴し台の家
WH448-柔らかくつなぐ家2
WH447-柔らかくつなぐ家
HC219-ふたつの庭
HC218-杜と水のホール
WH431-見晴し台
HC207-二世帯住宅
WH422-T-house
HC204-よりそう家
HC203-素のすまい
HC202-自然と会話する家
以前の記事
2011年 02月
2010年 10月
2010年 08月
more...
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:たてもの見学( 42 )
静嘉堂文庫―岩崎家霊廟
今日は久しぶりにゆっくりすることができた。
どこか行こうということになり二子玉川にある静嘉堂文庫美術館に行ってきました。
ちょいとあっさりめですが、とりあえず更新。

d0138618_044052.jpg


d0138618_0124041.jpg



庭園の梅が見ごろを迎えていました。

サトカズのホームページサトカズとはサービスと料金設計のプロセスサトカズの作品集
>>>お問合せはこちら

[PR]
by satokazu_n | 2011-02-28 00:15 | たてもの見学
東京造形大学附属横山記念マンズー美術館
d0138618_10321285.jpg

いつからそこにある?

と問うてみたくなる建物ですが、1994年に開館した東京造形大学附属横山記念マンズー美術館です。洋館や近代建築というカテゴリーにも入りませんが、それらにも勝るとも劣らぬ古さ。中世の城のよう。横浜線相原駅からスクールバスで5分程度、東京造形大学キャンパス内にこの美術館はあります。緑の濃い山懐にひっそりと建っているという印象。

外壁はわずかに内側に傾けられ、そのため石の塊のような印象を造っています。外壁の上端、エントランスのメダリオンの下あたりにわずかな段差があるせいで、何かフタのようなものをかぶせているような印象をもつ。巨大な石の鍋とフタ。

d0138618_10323278.jpg

外壁の仕上げ材というよりも礎石造を思わせる石。御影石(?)の小叩きだろうか。

d0138618_10322177.jpg

d0138618_10325150.jpg
d0138618_10323961.jpg

縦に引き伸ばされ、深くえぐられたたエントランスポーチ。
見返すとアーチとガラスのシリンダー(磯崎新さん設計)がみえる。

内部も重厚な雰囲気。素材感のあるざらざらした仕上げの壁と細かなアップダウンなどで触感の楽しめる内観でした。
エントランス入って正面の小部屋には背の高い彫刻作品が展示してあり、上からは和紙を通したトップライトの光がこぼれてきています。和紙は滴をたらして出来た丸い斑の入ったものの様子。二つある展示室の壁にはそれぞれ一つづつスリット状の開口部があり、ここから入る光が緊張感を与えているようでした。白井ファンならあのスリットね、というのかも。

色のある空間を相手に作品展示は大変そうなきもするのですが、小旅行というような気分さえするところまで来たからには、ある程度こってりしたものの方が来た甲斐があるというものです。

d0138618_1033534.jpg
詳細については東京造形大学HP内(下記アドレス)に説明と内観の写真があります。
http://www.zokei.ac.jp/zlibrary/museum.html

ジャコモマンズ―の彫刻もはじめて(だと思う)みました。
力強い造形に気をひかれたので、少し調べてみようと思います。
[PR]
by satokazu_n | 2010-08-12 11:14 | たてもの見学
薬師池公園(町田市)―旧荻野家住宅
先月のことになりますが、町田市にある薬師池公園に行ってきました。
花菖蒲をみにいったのですが、期せずしていい建物を見ることができました。

d0138618_1328495.jpg

江戸時代末期に町田市内に建てられた建物とのこと。お医者さんの家だったらしい。

d0138618_13283944.jpg

驚いたのは窓から見える風景がとてもきれいに見えたこと。
ガラスのない開口部の美しさや、開口部まわりの暗がり、引き絞られた風景など、
こうした光景はなかなか見ることができない。





サトカズのホームページサトカズとはサービスと料金設計のプロセスサトカズの作品集
>>>お問合せはこちら

[PR]
by satokazu_n | 2010-07-02 13:45 | たてもの見学
観音院(鳥取県)の唐破風など
鳥取旅行の際にちらっと見て気に入ってしまったものを掲載します。

d0138618_125454100.jpg


観音院というお寺の建物なのですが、こちらの唐破風、懸魚、その下に飛んでいる梁の端部にある飾りの彫り物、象鼻、獅子頭などが素晴らしく、見とれてしまいました。
時代的にはかなり最近のもではないかと思うのですが、バランス良く、きれいにつくってあります。
ときおり存在を主張してなんぼという感覚からなのか、やたらと目について煩く感じるのですが、
こちらの彫り物は全体のなかに納まって上手にまとまっているなぁと感じました。
d0138618_1255683.jpg
きれいすぎといわれると多少うなづけるのですが、それでもずいぶん楽しめました。
唐草のつくり方が面白いのでついつい眺めてしまいます。
d0138618_12544545.jpg
d0138618_12551637.jpg

こちらのお寺は実はお庭で有名なところなのですが、
あいにくの雨ということもあって・・・
(雨だからこそ見ろというご意見もあるでしょうが)
今度行ったらそちらもぜひ拝見させていただこうと思います。


サトカズのホームページサトカズとはサービスと料金設計のプロセスサトカズの作品集
>>>お問合せはこちら

[PR]
by satokazu_n | 2010-06-21 13:00 | たてもの見学
仁風閣(鳥取県・重要文化財)-3
引続き仁風閣です。一挙に公開してしまいましょう。

この建物の比較的ポピュラーな見せ場のひとつ、木造のらせん階段です。
d0138618_16114224.jpg
d0138618_16114932.jpg
この階段の本来の目的は、2階への裏動線、つまりお付きの方や使用人のための動線なのですが、物珍しさや手の込んだ造り、造形的な美しさから主賓のための主階段よりも目立っています。(悪いことではないですが…)
おそらく、機能的な解決と外観上の意匠的な必要性から縦動線が塔状にならざるを得なくなって、しかもその塔は建物本体とのバランスから極端に細く、すっと立ち上がったようなプロポーションがほしかったのだと思う。そうすると普通の階段では平面的に納まりきれず、らせん階段になっちゃったのだろう。とはいっても設計者側の心理としては、やむなくという外観を装いながら木造のらせん階段なんていう、前代未聞のことができるわけで、願ったりかなったり・・・というのもあったのではないか。
ハラハラとしながらも、わくわくと大工の手を眺めている設計者の息遣いが伝わってくるよう。

ということで、ややわきに置かれ気味な主階段ですが、それはそれできちんとした仕事。

d0138618_16113648.jpg
階段下にはニッチ的な設え、ソファーやマントルピースなどが置かれていたのではないかと推測。大階段の下は案外重要な部分で、現代の設計でも四苦八苦するところ。建物引き渡し後に行ってみると物置になっているか、立ち入り禁止の看板とともにバリケードが築かれていたり・・・

d0138618_1612069.jpg
素晴らしい細工。

2階の見どころといえば貴賓室。皇太子がお目見えになられた際の貴賓室です。
何といっても家具が素晴らしい。漆だろうか。黒地にきれいな金蒔絵が施され、ロココ様式(ルイ15世様式)の椅子や長椅子とも相まって独特の雰囲気をつくり出している。

d0138618_16121063.jpg
こういうものが残されているとはとしばらく眺める。椅子の脚の感じが造形的に素晴らしい。

d0138618_16123288.jpg
こちらは食堂の家具。さきほどのらせん階段に近い位置。ピンク色の張り地など軽やかさを感じる。この家具も当時のものらしい。カーテンなど窓装飾もよい。

d0138618_16122366.jpg
このマントルピースは材料が凝っていて、しげしげと眺めてしまいました。よく知りませんが何やら蘊蓄があるらしい。
それはそうと上の写真をよく見るとなんだか変なところがありませんか?
床を見ると「畳」。そうこの部屋は畳敷きの和室なのです。窓にはしっかりとカーテンがありました。

d0138618_16123928.jpg


やっぱりらせん階段。
つわものどものゆめのあと。


サトカズのホームページサトカズとはサービスと料金設計のプロセスサトカズの作品集
>>>お問合せはこちら

[PR]
by satokazu_n | 2010-06-10 16:52 | たてもの見学
仁風閣(鳥取県・重要文化財)-2
それでは仁風閣のなかへ。
とにかく窓装飾や額縁、家具調度類の充実に驚くばかりでした。
この建物を大切にしている気持ちが伝わってくるようです。

d0138618_16294090.jpg
エントランス上部の照明と、柱頭の装飾。

d0138618_1630110.jpg
1階展示室、お庭に面した大きな窓のカーテンまわり。しっかりと設えられている。何事かただ者ではない雰囲気に気づき緊張。展示物以外は撮影可とのことだったのですが、恐々とシャッターを切っています。

d0138618_1630899.jpg
同じ窓のカーテンボックスと照明。これらの大部分は保存されていたものを使用している様子。

d0138618_16302063.jpg
マントルピースと大きな鏡。お約束の組み合わせである。これにキャンドルと時計、または東洋磁器などが飾ってあればパーフェクト。そんな情景が容易に想像できる。

d0138618_1630311.jpg
装飾の詳細。

d0138618_16304251.jpg

d0138618_16305193.jpg

d0138618_1631250.jpg
トイレの前のブラケット照明。さりげなくでもしっかりとデザインされている。


サトカズのホームページサトカズとはサービスと料金設計のプロセスサトカズの作品集
>>>お問合せはこちら

[PR]
by satokazu_n | 2010-06-03 16:43 | たてもの見学
仁風閣(鳥取県・重要文化財)-1
鳥取市は久松山のふもとに建つ仁風閣へいってきました。

d0138618_12195248.jpg
この日はあいにくの雨ではありましたが、和らいだコントラストの白い外観というのも絵になります。どことなく現代の建築家リチャード・マイヤーがつくっていそうな気配ですが、赤坂離宮や表慶館などを設計した片山東熊(1854~1917)と鳥取出身の橋本平蔵(1868~1915)がかかわったフレンチルネサンス様式の洋館です。竣工は1907年(明治40年)。

それにしても正面の松がみごとです。新緑の残ったいい色と千両役者のような立ち姿がすばらしい。
洋館と日本庭園の松がこれほどひきたてあっている例を見たことがない。

d0138618_1220361.jpg
玄関庇の見上げです。垂木や柱飾りなど控えめながらしっかりとデザインされている。

d0138618_12202479.jpg
窓まわりの意匠です。窓上の破風は小さくさりげない。1階2階を分ける幕板もわずかな陰影を与えるのみとなっている。

d0138618_12203478.jpg
窓台の意匠も小さく可愛い。基壇(ベースメント)も同様。あまり部分を強調しない戦略らしい。外観を見直してみると建物のボリュームは角砂糖のような四角形に見える。どちらかといえば屋根の存在感のほうが強調されているような気がするのだが・・・これは和風建築の考え方ではないか。


冷静に考えると外観はどことなくお城の天守閣のようなイメージを感じる。石垣(は無いのだが)の上に白い壁面と翼を広げたような屋根。シャチホコのようにみえる煙突とクラウンの意匠。西洋館ではあるもののイメージの中心は和風のよう。強烈な和のイメージをもつ松とマッチするのはこのあたりに秘密がありそう。

d0138618_12201468.jpg
さてなかへ。エントランスホールです。

・・・とりあえず今日はここまで

仁風閣のホームページはこちら
http://www.tbz.or.jp/jinpuukaku/


サトカズのホームページサトカズとはサービスと料金設計のプロセスサトカズの作品集
>>>お問合せはこちら

[PR]
by satokazu_n | 2010-05-26 12:15 | たてもの見学
鴫立庵(しぎたつあん、大磯町)
神奈川県大磯町の名所旧跡の一つ、鴫立庵です。
d0138618_1171419.jpg
閉館時間が過ぎていて中を見ることができず、外観のみ。江戸時代の初期(1664年)に小田原の崇雪の建てた庵で、現在は日本三大俳諧道場の一つと言われているようす。

 こころなき 身にもあわれは しられけり 鴫立つ沢の 秋の夕暮れ

という歌を鎌倉時代の歌人・西行が詠んだ地として有名。
また湘南という地名発祥の地との石碑もあり。

それはそうとして、外観を見ていてふと気付くのは「窓」と「壁」がみえないこと。
見えるのは茅葺の屋根と門、塀くらいなもので、しかもそれらはかなり小さい。
普通窓のない外観というものは威圧的な、幾分ネガティブな印象になるのだけれど、
こういった建物にはあまりそれを感じない。
もちろんそういう設計をしたのだろうけれども。

それから門の屋根瓦をのぞいてほぼすべて植物性の材料でつくられている。
なおかつ周囲の青々とした葉を茂られている木々でさえこの建物の材料と同じようなもの。
視界全体が「植物」という素材で覆い尽くされているといってもよい。
こうなると逆に別の素材を使ってみたくなるのが心情というもの。
この手のものは近景と遠景がまるで違う印象を与えるよう微妙な操作があるもの。

入れなかったせいか妙に疑い深くしげしげと眺める。

とはいえ、素材の混乱をどう解消するか、というのは現代的な悩み。
すくなくとも見え掛かりを何とかする必要はあるのだろうな。

今度来るときは中も拝見させていただきましょう。

開庵時間:9:00~16:00
休庵日 :年末年始
入場料 :大人100円 子供50円


サトカズのホームページサトカズとはサービスと料金設計のプロセスサトカズの作品集
>>>お問合せはこちら

[PR]
by satokazu_n | 2010-05-20 11:45 | たてもの見学
旧島崎藤村住宅―静の草屋
神奈川県大磯町にある島崎藤村が晩年を過ごし、終の棲家となった住宅を見てきました。
d0138618_11215526.jpg
平屋の小さな建物です。説明は下記を参照。ちょっと楽を致します。

d0138618_11221246.jpg
外観に見える塀の向こうに藤村が非常に気に入っていたという書斎があります。

d0138618_11222055.jpg

d0138618_11222846.jpg
四畳半に床の間かついた小さな部屋です。(左手に床の間)
南側にひらけた障子の向こう(撮影位置の背面)には、これまた小さいけれどもきれいな庭が広がっていて、とても心地良さそう。藤村が気に入っていた木や草、石などに囲まれています。
塗り残しの窓(下地窓)が横長にとってあって、水平に視線が広がるのがいい感じ。

d0138618_11223864.jpg
下地窓から書斎をのぞいています。
四畳半といってもきちんと設えられているのでとても広く感じる。
建具の高さが1800を基本としているので、
今の住宅と違って小さなスケール感が強調されて見える。
ミニチュアの家を見ているような気分。
個人的にはこちらのほうが馴染みはいい。

d0138618_11225548.jpg

書斎から見える石と苔。
石は海岸の砂に洗われて小さな穴がいくつもあいています。一つの穴に一つの世界。

よく手入れされたお庭で気持ちよかったです。

こちらの住宅は係りの方のお話も面白いです。
またまた閉館時間ぎりぎり。というかすぎてた感じ。
よいものを拝見いたしました。


サトカズのホームページサトカズとはサービスと料金設計のプロセスサトカズの作品集
>>>お問合せはこちら

[PR]
by satokazu_n | 2010-05-13 11:42 | たてもの見学
旧多摩聖蹟記念館
東京都多摩市桜ヶ丘公園内にある旧多摩聖跡記念館です。
明治天皇が兎狩などにたびたび訪れたことを記念して建てられた建物ということで、現在はギャラリーとして一般に開放されている様子。すでに閉館時間となり中は見れませんでしたが、カフェもあるようなので何かの機会にまた来てみたいと思います。

d0138618_12254694.jpg

d0138618_1226376.jpg

d0138618_12261692.jpg

d0138618_12264567.jpgd0138618_12263165.jpg


設 計 :関根要太郎(1889年~1959年、41歳)
竣 工 :昭和5年 1930年
構 造 :鉄筋コンクリート造1階建て
所在地 :東京都多摩市連光寺5-1-1(都立桜ヶ丘公園内)
入館料 :無料
開館時間:4月〜11月 9:00〜16:30
    :12月〜3月 10:00〜16:00
休館日 :毎週月曜日
     4・5・10・11月は第3月曜日のみ但し、国民の休日に当たる場合はその翌日年末年始

小田原文学館でみた洋館の主でもある田中光顕が中心となり建設されたとのこと。
聖蹟桜ヶ丘の地名の由来になったのがこの建物らしい。
建物わきの看板によればユーゲント・シュティールとセゼッションの影響がみられるとのことではあるが、個人的な印象では古典主義とスパニッシュの影響を感じるのだけれど、いかがなものでしょうか。
しっかりと補修されていて古さを感じないせいか、何だか物足りない気分。それでもヴォリュームデザインには古色蒼然としたものがある。老人の厚化粧といっては失礼かな。





サトカズのホームページサトカズとはサービスと料金設計のプロセスサトカズの作品集
>>>お問合せはこちら

[PR]
by satokazu_n | 2010-05-05 12:35 | たてもの見学