サトカズの片割れがつづる設計の日常
by satokazu_n
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール

サトカズ事務所

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
タグ
(124)
(67)
(53)
(28)
(26)
(25)
(14)
(14)
(13)
(7)
(3)
(3)
(2)
カテゴリ
今日このごろ
展覧会
たてもの見学
インテリアプランニング
建築法規
家づくりのまえに
コンペ雑感
HC248-高窓と中庭のある住まい
HC241-彩のある住まい
模型
P1グランプリ
WH454-海と山を望む家
WH452-見晴し台の家
WH448-柔らかくつなぐ家2
WH447-柔らかくつなぐ家
HC219-ふたつの庭
HC218-杜と水のホール
WH431-見晴し台
HC207-二世帯住宅
WH422-T-house
HC204-よりそう家
HC203-素のすまい
HC202-自然と会話する家
以前の記事
2011年 02月
2010年 10月
2010年 08月
more...
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2010年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧
小田原文学館 「旧田中光顕別邸」
d0138618_15463415.jpg
小田原文学館に建つ「旧田中光顕別邸」
曽禰 達蔵(1853-1937) 設計、1937年竣工
(実際の設計は曽禰中條建築事務所ではないかと推測)
鉄筋コンクリート造3階建て

上の写真は南側の庭からみたところです。
スパニッシュ様式らしいが、だいぶ装飾は省かれ、ボリュームが平滑な面によって表現されている点にモダニズムの影響が見て取れるような気がする。とはいえ抑制のきいた感じや、小振りなところにかわいらしさを感じる。

d0138618_15465958.jpg

上の写真の半円形状に張り出したサンルームが何とも気持ちいい。現在は展示のため、このサンルームとその奥のリビングとの間はふさがれてしまっているのだけれど、リビング、サンルーム、テラス、庭という柔らかく外部につながっていくところがいい。

それから撮影不可のため写真はないのだけれど、3階のサンルームが面白い。内装や家具が古いオフィスの応接室のような雰囲気で、ソファーセットや内装が妙な古めかしさを醸している。このソファーからみる景色は竣工当時と変わらないのかもしれない。

d0138618_15464358.jpg

こちらは玄関。大きな車回しとはうらはらに控えめ。それでも庇や窓まわりの意匠など意匠が凝らされている。、腰壁のスクラッチタイルは洋館の象徴か。

d0138618_15465141.jpg

鉄格子の意匠。特注品なのだろう。きちんとつくっってある。大量生産の恩恵は理解できるものの素材感や存在感、丁寧さといった心情的な部分ではどうしても手造りのものに劣ってしまう。
ような気がする。


サトカズのホームページサトカズとはサービスと料金設計のプロセスサトカズの作品集
>>>お問合せはこちら

[PR]
by satokazu_n | 2010-04-27 16:21 | たてもの見学
グリーンハウス(旧藤沢カントリー倶楽部クラブハウス)
d0138618_16381448.jpg

アントニン・レーモンドの設計で1932年に竣工。旧藤沢カントリー倶楽部のクラブハウスとして使われ、屋根が緑色だったことからグリーンハウスと呼ばれ親しまれた建物です。現在は神奈川県立体育センター内の食堂として利用されています。

何の変哲もない普通の建物に見えますが、よくみると装飾や工夫の跡がみれて面白い。
案外躯体はしっかりしている様子。もう少し手を加えればまだまだ行けそうな感じもするのですが・・・

d0138618_16383380.jpg

d0138618_16385450.jpg

d0138618_163956.jpg

d0138618_16391694.jpg
大ホールの窓の装飾が面白い。コンクリートの特性をよく理解してデザインしているような感じがします。
こういうかたちの型枠をつくったのかな。

d0138618_1639303.jpg

バラ窓の感じが東京女子大のチャペルと似ているような気がするのだけれど、どうだろう。


サトカズのホームページサトカズとはサービスと料金設計のプロセスサトカズの作品集
>>>お問合せはこちら

[PR]
by satokazu_n | 2010-04-19 16:58 | たてもの見学