サトカズの片割れがつづる設計の日常
by satokazu_n
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール

サトカズ事務所

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
タグ
(124)
(67)
(53)
(28)
(26)
(25)
(14)
(14)
(13)
(7)
(3)
(3)
(2)
カテゴリ
今日このごろ
展覧会
たてもの見学
インテリアプランニング
建築法規
家づくりのまえに
コンペ雑感
HC248-高窓と中庭のある住まい
HC241-彩のある住まい
模型
P1グランプリ
WH454-海と山を望む家
WH452-見晴し台の家
WH448-柔らかくつなぐ家2
WH447-柔らかくつなぐ家
HC219-ふたつの庭
HC218-杜と水のホール
WH431-見晴し台
HC207-二世帯住宅
WH422-T-house
HC204-よりそう家
HC203-素のすまい
HC202-自然と会話する家
以前の記事
2011年 02月
2010年 10月
2010年 08月
more...
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
タグ:たてもの見学 ( 53 ) タグの人気記事
安藤忠雄建築展[挑戦ー原点からー]
安藤忠雄建築展[挑戦ー原点からー]を今日やっとふたりで観に行きました。10月3日からやっていたというのに何やっているんだろうか。(本当に。ちなみに12月20日までやっています)平日昼間だからすいているかなぁ・・・と思っていたら案外大入りでした。ゆっくり観賞できる程度ではありますが。

噂の住吉の長屋ですが、図面や写真と違って実物のスケール感は具体的でいい。もちろん実物ではなくレプリカになるわけですが、それでも展示物自体がひとつの建築として成立しているような感覚を持ってそこにある。否応なく眼が反応してしまう。素材感だけでなく設計時の悩みがかいま見れるような気がしてなんだか生々しい。

ネタバレになるかもしれませんが、コンクリート打放しについて。コンクリート打放しとはいうものの実は型枠のパネルの跡をみているだけだ、という話があります。今回の展示は文字通り型枠自体が仕上げとなっていて、明らかにコンパネの表面が露出しているだけなのに、ぱっとみコンクリート打放しに見えてしまうところにまず驚いてしまった。

そのあとはセパ割りや空間のスケールや、光の入り方、使い勝手などなど、面白いですね。

他にもベネチアでのギャラリーへの改装のビディオで映っていた黒い型枠に興味を持ちました。芸術的な施工の仕方というか、普通の化粧コンクリート打放し仕上げの数倍の費用がかかるのじゃないかな・・・仕上がりも綺麗そうだし、コンクリートという石だな。

もう一回行こ。
[PR]
by satokazu_n | 2008-12-03 23:08 | 展覧会
2世帯住宅ーインテリア(子世帯)3
d0138618_1211667.jpg

もう一度、和室からの眺めです。
それほど派手な眺めではないと思うのですが、いろいろと操作をしています。

d0138618_12112046.jpg

A:畳の縁と柱の位置をそろえ、幅を細く調整しています。柱といっても構造材ではなく、部材的には建具枠というべきものです。
B,C,Dについては、3枚引きの障子の大きさと畳の目地、ダイニング側の壁の位置が揃うように調整をしています。
C:障子の敷居の位置とダイニング側の壁の位置の調整をしています。敷居と壁の平面的な重なりを少なくして、軽やかに接しているような印象を狙っています。
D,E:鴨居の出寸法を小さくしています。ここはもう少し検討をしてもっと目立たないように出来ないかと思っていますが、工夫し過ぎでかえって目立つということもあって難しい判断が必要です。広さを感じさせるのは床よりも天井の方が影響力があるのです。
F:ここも玄関との連続性というてんから鴨居を工夫して見えなくしています。

などなど、わざわざ説明するのは恥ずかしいですが、こんなことを考えながら日夜、図面をかいております。
[PR]
by satokazu_n | 2008-06-15 12:26 | HC207-二世帯住宅
陽明文庫創立70周年記念特別展
d0138618_1021369.jpg


(上野の表慶館 設計:片山東熊)

陽明文庫創立70周年記念特別展「宮廷のみやび―近衞家1000年の名宝」

昨日、上野の博物館でみてきました。土曜日でしたがスケジュール的にこの日しかみに行けない。朝早く出発したのですが、もうずいぶん混雑してました。だいぶ平均年齢は高そうでしたが、人垣に忍び込みじっくり拝見できました。
話題の御堂関白記よりも「源氏物語」の写本に目がいきました。約4寸角ほどのずいぶん小さな正方形の冊子で、繊細でありながら伸びやかで張りのある筆跡が印象的でした。肉筆とはよく言ったもので、書いた方の息づかいまで聞こえてきそうな生々しい物を感じました。(多分誰でもそう感じるはず)約千年ほど昔の写本のはずですが、昨日書いたかのような瑞々しさ。
そのほか、春日権現霊験記絵巻(かすがごんげんれいげんきえまき、詞書:近衞家熙筆 画:渡辺始興筆)、花木真写、一座之詩歌 (いちざのしいか)、など面白いです。とにかく大量にあるので、しっかり時間をとってゆっくりご覧になるとよいと思います。できればある程度の予備知識があった方がもっと楽しめると思います。展示ケースのガラスに字を書きながら見ている人が結構いました。

平成館 2008年1月2日(水)~2月24日(日)

陽明文庫について
http://ja.wikipedia.org/wiki/陽明文庫
陽明文庫創立70周年記念特別
http://www.tnm.jp/jp/servlet/Con?pageId=B01&processId=01&event_id=4814
[PR]
by satokazu_n | 2008-02-17 09:55 | 展覧会