サトカズの片割れがつづる設計の日常
by satokazu_n
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール

サトカズ事務所

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
タグ
(124)
(67)
(53)
(28)
(26)
(25)
(14)
(14)
(13)
(7)
(3)
(3)
(2)
カテゴリ
今日このごろ
展覧会
たてもの見学
インテリアプランニング
建築法規
家づくりのまえに
コンペ雑感
HC248-高窓と中庭のある住まい
HC241-彩のある住まい
模型
P1グランプリ
WH454-海と山を望む家
WH452-見晴し台の家
WH448-柔らかくつなぐ家2
WH447-柔らかくつなぐ家
HC219-ふたつの庭
HC218-杜と水のホール
WH431-見晴し台
HC207-二世帯住宅
WH422-T-house
HC204-よりそう家
HC203-素のすまい
HC202-自然と会話する家
以前の記事
2011年 02月
2010年 10月
2010年 08月
more...
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
タグ:セミナー ( 3 ) タグの人気記事
「 減 築 」―ozoneのセミナーに行ってきました
昨日は新宿にあるリビングデザインセンターOZONEにて
リフォームに関するセミナーを聴講してきました。

「戸建て住宅 減築・断熱・エコリフォームの事例から」と題して
棟梁のいる技術系会社の加賀妻工務店 加賀妻氏による講演でした。
なんでこのせになーを聴講することにしたのかというと、
「 減 築 」
というキーワードがあったから、です。
なんとなく知ってはいたものの、具体的に触れたことがなく、
経験談を聞きたい!というのが目的でした。

でどうだったかというと・・・

一般の方向けのセミナーなので浅く広くという感じはいなめないものの
「減築」というものを(恥ずかしながら)初めてみることができたという意味で
有意義なセミナーでした。

「減築」というのは、現状よりも規模を縮小する建築工事のこと。
簡単にいえば増築の反対で、イメージできるかと思います。

例えば築ン十年も経った建物というのは現代の基準に合わない場合もあり、
殊に耐震性の劣る住宅は早めの補強や建て替えが望まれていたりもします。
また家族も巣立ってしまい、2階は誰も使っていないという状況も・・・

このようなシュチュエーションに対する一つの解決方法として
「 減 築 」というスキームが立ち現れます。
住まいの余計な部分を取り払って、身軽になった上でリフレッシュしようというわけです。

2階建てで1階の耐震性が著しく劣る場合、
2階を取っ払ってしまえば当然1階の構造的な負担は減り、耐震性は向上します。
加えてリフォームの仕上げ面積も減り、一石二鳥というわけです。

全面リフォームと減築を比べると減築のほうが、構造、断熱、刷新度などなど
完成度は高そうだなぁという感じがしましたが、コスト的にはケースバイケースなのかも・・・
と思いました。

基準法上の取り扱いや、固定資産税の軽減なんていう側面も触れてほしかったのですが・・・
今回はボリューム的に無理があるかな。でもいつか聞いてみたいです。

人口減少傾向がこの先続くこともあり、縮小とか集約の方法が気になるこの頃です。


サトカズのホームページ
サトカズとは
サービスと料金
設計のプロセス
サトカズの作品集

>>>お問合せはこちら

[PR]
by satokazu_n | 2009-09-28 13:19 | 今日このごろ
7月12日にセミナー出場いたします

7月12日(日)に、ASJ世田谷スタジオさん主催の建築家無料相談会に参加致します。

会場は、玉川区民会館 集会室、午前11時より午後6時まで行います。

ふだんお考えになっていることや、お悩みごとなど、お客様のお話をたくさんお聞きしたいと思っております。
私どももお答えいたしますので、この機会にぜひ足をお運びください。

あわせて作品パネルや模型などを展示いたします。

d0138618_9495833.gif



サトカズのホームページ
サトカズとは
サービスと料金
設計のプロセス
サトカズの作品集

>>>お問合せはこちら

[PR]
by satokazu_n | 2009-06-30 09:51 | 今日このごろ
まちづくり講演会
d0138618_1525646.jpg


知り合いの方からお知らせを頂き「読売ランド前駅周辺まちづくり講演会」に行ってきました。

もう十数年ほどこちらの駅を利用しているのですが、駅前広場(上の写真)があったり、ギリシャやローマの円形劇場のような円形階段(下の写真)があったり、なかなか楽しい雰囲気の「駅前」を密かに気に入っていました。そんな駅前を舞台に駅前コンサートや、お祭り、ちょっとした改修工事など、最近何かやっているなぁと薄々感じていたのですが、地域ブランドの開発など成果も上げているようで、これから目が離せないなと思いました。期待しております。

d0138618_15245680.jpg


この駅前は谷間にあるので、こじんまりとしているのですが、いろんな背景を持った人がいるのだなぁということも実感できました。僕自身は駅周辺のどぉーっと広がる住宅地の住人という立場なので、どうしても通勤通学という通り過ぎる人の目線で見てしまうところがあります。それに車を使った広域な視点になってしまうので、駅前の位置づけもかなり相対化されてしまいます。車での送り迎えが楽なように駅前の細い道や踏切がなんとかならないのぉ、といったあたりに落着くのですが、設計者の立場からすると、通過する人とそこに留まっている人との関係づけ、新旧のバランス、あたりに手当てしたいところ。考え始めると面白いです。

それはそれとして・・・会場の日本女子大ってどんなところ?というやや不純な動機があったのですが、見透かしたようにお花見見学会のような企画もあるらしく、二人で楽しみにしています。十数年近所に住んでいるのに深い深い森の中、という感じなのでお許し頂きたい。

事務局はこちら>小田急線:読売ランド前駅周辺まちづくりプロジェクト
[PR]
by satokazu_n | 2009-03-01 10:46 | 展覧会