サトカズの片割れがつづる設計の日常
by satokazu_n
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

サトカズ事務所

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
タグ
(124)
(67)
(53)
(28)
(26)
(25)
(14)
(14)
(13)
(7)
(3)
(3)
(2)
カテゴリ
今日このごろ
展覧会
たてもの見学
インテリアプランニング
建築法規
家づくりのまえに
コンペ雑感
HC248-高窓と中庭のある住まい
HC241-彩のある住まい
模型
P1グランプリ
WH454-海と山を望む家
WH452-見晴し台の家
WH448-柔らかくつなぐ家2
WH447-柔らかくつなぐ家
HC219-ふたつの庭
HC218-杜と水のホール
WH431-見晴し台
HC207-二世帯住宅
WH422-T-house
HC204-よりそう家
HC203-素のすまい
HC202-自然と会話する家
以前の記事
2011年 02月
2010年 10月
2010年 08月
more...
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
タグ:今日この頃 ( 124 ) タグの人気記事
ばたばた
おはようございます。

世過ぎ身過ぎで今日明日はあちこち外回りになります。よって更新ご勘弁。

ところでこうやって文章を書くようになった動機ですが、日常的な仕事をしながら日夜住宅コンペなどに提案をしていると、いろいろ疑問に思うことがあり、また同じように感じている人も多いことを感じます。これまでは何かの機会に書き込みなどしていたのですが、少しまとめて書いてみたいと思うようになりました。

住宅コンペというのは、いろいろ不備な点、問題点が多いのですが、なぜか可能性を感じています。それがどういうものかはわからないのですが、やはり、何かのカタチでまとめていくことが必要ではないかと考えています。

というわけで、また。
[PR]
by satokazu_n | 2008-06-05 08:36 | 今日このごろ
生誕100年 東山魁夷展
d0138618_9251713.jpg

少々前の話になりますが、生誕100年 東山魁夷展にいってきました。

会期終了間際の閉館間際でしたが、滑り込みセーフという感じで1時間ほど楽しむことができました。閉館間際になると、相当混雑したであろう会場も贅沢なくらいゆったりとした雰囲気で、写真の「残照」も独り占めにすることができました。

感想なのですが、やはり実物をきちんと見ることができてよかったなぁという気持ちでいっぱいです。実をいうとそのとき非常に忙しく、こんなところに来ていてはいけなかったのですが、東山魁夷の作品を一堂に拝見出来る機会はそう多くないであろうことや、以前から実物はいかにと思っていたこともあり、お運びとなったわけであります。それでご対面したわけですが、実物はやはりすごい。細かなマチエールや、均整の取れた諧調、みればみるほど細かなディテールが浮かんでくることなど、それから1枚の風景画の中に幾重にも織り込まれたドラマなどなど、観ていて飽きない。いつまでも観ていたくなる。絵の存在感もドンとくる。手に入るものなら手に入れてみたいと思わせるものが十分にありました。いや、眠い眼をこすりながら行った甲斐がありました。

生誕100年 東山魁夷展 | 2008年3月29日(土)~5月18日(日)

国立近代美術館の展示は終了しましたが、巡回展があったと思います。
もしよろしければどうぞ。
いいですよ。
[PR]
by satokazu_n | 2008-05-29 09:38 | 展覧会
コンペ雑感
d0138618_8383029.jpg
写真はお話の内容と関係ありません。

千葉の2世帯住宅の続きです。

僕はいつも予算総額から規模を決めることにしています。後付けで見積り金額を書くことは出来ますが、プレゼン全体が「絵に描いたモチ」になるだけのことで、巧く事が運んでクライアント候補との面談になったときに「見積り金額はでっち上げです」とは言えないし、まかり間違ってそのまま実施になってしまうと恐ろしくクォリティーの低いものをつくらざるを得なくなる。そういうことが心配で、予算に関しては実現性や一般性を基本にしながらクライアント候補の態様に合わせて微調整を加えているのが現状です。

でも他の方の案をみていると、どう考えても建売住宅レベルなのではないかと思うことがあるのですが・・・。以前、ハウスメーカーの注文住宅の見積書を複数拝見しましたが坪65万円前後でしたし、ある有能な工務店が都の主導で行ったローコストハウスの建て売り住宅の単価が2棟同時進行で頑張って坪50万円強との話をきいたことがあり、そういったことから考えると、独立した設計者、建築家が意匠的にも性能的にもそれなりのクォリティーを坪60万円代前半で出すのは相当難しいという感覚を持っています。他の方のご意見いかがでしょうか。

でも仮に予算的に不利な状況で設計をしなければならないことになったら、どうしようかと考えます。通常は僕なりの品質を発揮出来る設定をもとに規模を算定し、そこからご期待に添えるものをつくる作業と、完成像に対する期待や理解を高めてもらえるような説明、プレゼンを重ねていく作業をします。品質よりも面積を求められることも当然多いのですが、ある一線以下にはならないことを申し上げてご判断を頂いております。

建て売り住宅レベルの新建材や既製品の組み合わせでチャチャっと済ませてしまったとしても、設計料はかわらないのですから経営的には助かるのですが、なんだか良心が傷むし、自分のつくったものとして残ってしまうのは非常につらい。

というわけでグチっぽくならないうちに件の2世帯住宅の話を進めましょう。
[PR]
by satokazu_n | 2008-05-28 08:40 | コンペ雑感
有元利夫さん
d0138618_159579.jpg

有元利夫さんの絵にやっとお会いできました。

どの作品も精緻なお顔が印象的でした。
幻想的な雰囲気といってしまえば簡単なのですが。それよりもなによりもゆったりした時間感覚や浮遊感がおもしろい。なんとなく倉俣史朗さんに通じるものがあるような気がしたのですが、当時の時代感覚なのでしょうか。

それから額もすばらしかった。
古いのか新しいのか、出所不明な感覚といえばよいか・・・

また来年お会いできるとよいですね。
[PR]
by satokazu_n | 2008-03-10 15:22 | 展覧会