サトカズの片割れがつづる設計の日常
by satokazu_n
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール

サトカズ事務所

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
タグ
(124)
(67)
(53)
(28)
(26)
(25)
(14)
(14)
(13)
(7)
(3)
(3)
(2)
カテゴリ
今日このごろ
展覧会
たてもの見学
インテリアプランニング
建築法規
家づくりのまえに
コンペ雑感
HC248-高窓と中庭のある住まい
HC241-彩のある住まい
模型
P1グランプリ
WH454-海と山を望む家
WH452-見晴し台の家
WH448-柔らかくつなぐ家2
WH447-柔らかくつなぐ家
HC219-ふたつの庭
HC218-杜と水のホール
WH431-見晴し台
HC207-二世帯住宅
WH422-T-house
HC204-よりそう家
HC203-素のすまい
HC202-自然と会話する家
以前の記事
2011年 02月
2010年 10月
2010年 08月
more...
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
タグ:展覧会 ( 13 ) タグの人気記事
第五十七回日本伝統工芸展の感想
先日、日本橋三越で開催された第五十七回日本伝統工芸展をみてきました。

詳細はこちら http://www.nihon-kogeikai.com/KOGEITEN.html

ここ数年、開催されるたびにうかうかと足を運んでいるのですが、今年も例年どおり(?)最終日に見に行ってきました。もちろん素人の感想なのであてにしないでほしいのですが・・・焼き物よりも木竹工や漆工のほうに見るべきものが多かったような感じがしました。

いつもおもうことですが、ものだけがずらっと展示されていたとして、その中から受賞作品を自分が選べるのかな、という気持ちになることがあります。審査員の心象におもねるわけではないのですが、それなりに玄人の見立てと自分の判断の違いくらいは分かっていたいと思ってしまいます。

今風にいえば「人は他人」と言い放ってしまえばよいのでしょう。でもね。これまでの経験からすると、経験を踏めば踏むほどある一定の判断基準が出来てしまう。知らない人がみると、全くわけがわからんチンプンカンプンなのに、何度か経験していくとどうしても「コレ」になる。

その「コレ」を確認しに行くのが僕にとっての伝統工芸展なのだと思っている。

そんな僕にとって今年の日本伝統工芸展はややほっとする感じがした。日本工芸会総裁賞を受賞された磯飛節子さんの重ね六つ目盛籃「水鏡」、日本工芸会奨励賞をとられた宮本貞治さんの栃拭漆流紋飾箱は、なるほどねという気持ちになれた。

それはそれとして他に面白かったことが二つあって、一つは染色や織りなどの和服が面白いと思ったこと。もう一つは若い木工の職人さんらしき青年が見に来ていて、それはそれは熱心に見ていたこと。文字どおり食い入るようにベターっと張り付いて見ている。あんまり面白いので知られないように後をつけてしまった。ちょっと恥ずかしくもあったが、彼と同じ格好で見てみると、なんとなく何を見ていたのかが分かったような気になって、さらに面白くなってしまった。変な奴が一人増えたわけだ。

きっと彼の頭の中では身体を動かして実際に木を削ったり組み立てたりする感触がしているのだろう。その音や香りがこちらまで伝わってくるようだった。



帰りに相方と早矢仕ライスを食べた。

またしばらく忙しくなる。


サトカズのホームページ

[PR]
by satokazu_n | 2010-10-16 23:25 | 展覧会
スペイン・リアリズムの密度 磯江毅展
だいぶ間が空いてしまいました。
忙しくはしていてもあいた時間を利用して展覧会などに足を運んでおりました。
その中からいくつかを紹介したいと思います。

まずは平塚市美術館でみた「スペイン・リアリズムの密度 磯江毅展」

詳細はこちらを参照
http://www.city.hiratsuka.kanagawa.jp/art-muse/2010205.htm

写実的な表現。透明感のある画面に並べられたモチーフが宗教的な雰囲気を醸している。
いっけんするとそんなかんじなのですが、よくみるとその透明感ゆえに別のものがじんわりとみえてくる。そんな奥行きのある体験が面白かった。

写実的な絵というのは、ともすると「わぁ写真みたい。じょうず―」などという感想で終わってしまいがちなのだが、その透明さゆえに浮かび上がるものもある。

たとえば画面の汚れ。よくみると画面にシミがついている。10センチくらいの丸い輪のようなシミ。まるっきり気がつかなかった自分に驚くのだが、コーヒーを飲んだ後テーブルに残るしみのようにも見えるし、天使の光輪にも見えるといえば見える。普通、どのようなものであれ画面の上に存在する以上は、作者の意図、として理解するほかない。ではそれはなんなのか。透明な、写真のような絵の上にさらに透明な何かがあるようなきがしてきてしまう。

そんな磯江毅さんの絵をみているうちにだん深みにはまり2回3回と見直す羽目になった。

絵のタイトルカードにちょっとしたエピソードが書き込まれていて、たとえばモデルに使っていたブロッコリーが途中で食べられてしまい急きょ似た感じのブロッコリーを見つけて描いた、とか。大したことではないけれど、そんな一文から絵の世界にすっとはいっけいける。キュレーションの妙といっていいと思う。それに観覧料がとってもお安い(200円)ので助かりました。無料で遊園地に行ったような気分。

高橋由一の「鮭」のパロディーと晩年の闘病中の自画像と絶筆が一つのコーナーに納まっているのをみて、不思議な感覚を持った。磯江毅さんの人柄とみるべきか、人生の面白さとみるか。


サトカズのホームページサトカズとはサービスと料金設計のプロセスサトカズの作品集
>>>お問合せはこちら

[PR]
by satokazu_n | 2010-10-09 12:22 | 展覧会
三菱一号館の続編
さて、三菱一号館の写真を出しきってしまおう。
d0138618_11502044.jpg

Cafe'1894のエントランス風除室。少々小ぶりに見えるのですが銀行のメインエントランスとしての風格を感じさせます。モールや窓のプロポーションなどが面白い。床のタイルも竣工当時のものに近い製品を使用している様子。ものすごく品のいい色ですが、窓周りの造作からすると、やや平板な感じも。何か考えがあってのことかと、設計者の思惑をふと考える。

d0138618_11503061.jpg

現行法のなかでここまで復元できてしまうのはものすごいことだ、と展示を見て改めて感じてしまう。

d0138618_11504269.jpg

屋根の上に乗っかっている茶色い部分(ペディメント)は銅板でできています。
何年かすると緑青(銅のさび)が出てきて緑色になってくるはずです。最初から緑青のついた材料を使わずに自然に任せるところも今回の復元のコンセプトがよく表れています。記念展の中でもその考えをしっかりと感じることができます。復元委員の方の丁々発止、情熱や苦労がにじみ出た、すごくいい展示でした。 

d0138618_11505256.jpg

通りを隔ててお向かいの敷地におかれた柱頭です。最初に建てられた建物のファサードにあったものです。今は取り壊されてこれだけになっています。背景は東京フォーラム。記念展の展示会場の窓から外を見ると、一丁倫敦と呼ばれた丸の内の歴史と現在が同時に見てとれます。歴史と現実がダイレクトに並置された不思議な感動が味わえる。また行きたいと思っています。

建築家について(提供: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

ジョサイア・コンドル(Josiah Conder、1852年9月28日 - 1920年6月21日) はイギリスのロンドン出身の建築家。お雇い外国人として来日し、辰野金吾ら、創生期の日本人建築家を育成し、建築界の基礎を築いた。

曽禰 達蔵(そね たつぞう、嘉永5年11月24日(1853年1月3日) - 昭和12年(1937年)12月6日)は日本の建築家。同郷の辰野金吾とともにジョサイア・コンドルに学んだ日本人建築家の第1期生。丸の内の三菱オフィス街の基礎を築き、のち後輩の中條精一郎(1868年 - 1936年)とともに設計事務所を開設。 曽禰中條建築事務所は都市を飾る数多くのオフィスビルを送り出した。


サトカズのホームページ
サトカズとは
サービスと料金
設計のプロセス
サトカズの作品集

>>>お問合せはこちら

[PR]
by satokazu_n | 2009-10-16 12:17 | たてもの見学
日本伝統工芸展へ行ってきました。展覧会の見方について
d0138618_10365968.jpg


日本橋三越にて10月4日まで開催されていた「第56回日本伝統工芸展」に行ってきました、
(三菱一号館に行く前はこちらに行っていましいた。)

題名にあるとおり日本の伝統工芸による作品展です。
お皿や壺などの焼き物や木工、金工、ガラスや織物などの工芸品が一同にずらっと並んでいます。
美術品」ではなく、あくまでも「工芸品」。
会場も美術館などではなく、「日本橋三越」つまりデパート
価値観や個性の表現の場ではなく、あくまでも技芸の展覧というところが面白い。

NHK教育の「新日曜美術館」という番組で作品の制作風景が紹介されているのを見て、
面白そうだな・・・と思った程度なので、詳しい説明などできないのですが、
それゆえに素人目線で楽しめるところがまたいいところ。
ここ数年通っています。

ちなみに僕の予備知識のない展覧会の見方です。

1.自分が何に興味を持つか観察する。
・・・・・・健康状態のチェックみたいなものですね。

2.他の人の行動や、会話をチェックする。
・・・・・・モノの見方は他人を見て研究する。見方がわかると価値もわかるようになる。

3.会場構成をみる。
・・・・・・主催者が意図していることや、上下関係などが透けて見えることもある。

こんなポイントを見ていくと飛び込みの展覧会も案外楽しめるものです。


下記に受賞作品が掲載されていますので、よろしければご覧ください。
http://www.nihon-kogeikai.com/KOGEITEN/KOGEITEN-056/KOGEITEN-056-JUSYO.html


サトカズのホームページ
サトカズとは
サービスと料金
設計のプロセス
サトカズの作品集

>>>お問合せはこちら

[PR]
by satokazu_n | 2009-10-06 10:23 | 展覧会
No.1160マリー・アントワネットをみてきました。
先週の金曜日の夜、No.1160マリー・アントワネットをみてきました。

といっても何のことかと思われる方の方が多いはず。
このNo.1160マリー・アントワネットというのは単純にいうと懐中時計です。
1827年ごろにアブラハム・ルイ・ブレゲ(正確にはその弟子ら)によって完成されたマリーアントワネットのための時計の復刻版です。いろいろな意味で伝説的な時計ですので一度ぐらいはと思っていましたが、その機会は予想外に早かった。

そんなわけで銀座方面への帰り道、ふらっとよって来ました。

坂茂さん設計の建物も多少は引かれましたが、エレベーター内におかれた腕時計のトゥールビヨンの方に目がいってしまい、建築まで気がわまらない。どうしてこんなものに魅力を感じてしまうのかわからない。人間は本能的に回るものに惹き付けられてしまうのかもしれませんね。個人的には染之助染太郎の皿回しの方がいい思うのですが、それでもトゥールビヨンを見ていると、単純にすごいなぁと思ってしまうからまたふしぎ。

実をいうと僕は時計に興味があって、暇を見てちょこちょこと勉強しています。

といっても興味があるのは脱進機や時打機構、歯車や動力などのメカニズムやそれらの生産技術の方で、デザインやらブランドやらには全く興味がありません。どういうわけか、僕は欲しいと思うのもがあると「つくりたい」と感じてしまうのです。だからつくれないものには興味がない。困ったものです。そういう意味で現在の時計は素人が手を出せるほど簡単な技術ではありません。18世紀頃の時計技術なら後10年ほど地道な努力があれば、自分でもなんとかできそうな気がしている。かなり壮大な夢だということは自覚していますが・・・

で、展示の方はどうだったかというと・・・no.1160、動いていない。
こんな複雑な時計、動いてないと何がなんだかわからない。
ガンギ車もアンクルも、わからない。
均時差機構の空豆のような部品はわかるんだけど・・・
せめてミニッツリピーターの音ぐらい聞かせてくれー!

紹介ビデオがまずまずだったのと、箱が素晴らしかったので、許すことにする。

結構なセキュリティでした。

詳しくは下記のリンクをご覧ください
Web Magazine Openers / Watch & Jewelry

できればブレゲ本人の作品も見てみたいのですが、その機会はまだ先のよう。


サトカズのホームページ
サトカズとは
サービスと料金
設計のプロセス
サトカズの作品集

>>>お問合せはこちら

[PR]
by satokazu_n | 2009-05-28 12:23 | 今日このごろ
前川国男さんの建物に出品/サクラ咲く
d0138618_10415750.jpg昨日は上野の東京都美術館に行ってきました。雨の中、かなり寒かったのですが、ソメイヨシノが咲き始めていました。早い花は写真のように全開です。今日ように晴れていたら、ゆっくり花見ができたのに。こんどの土曜日曜あたりが見頃なのかもしれませんね。

d0138618_10421299.jpgなんで上野に行ったのかというと、サトカズのカズがお花の展覧会に出品しているからです。「前川国男さんの設計された建物でお花を生けるとは思わなかった・・・」などと妙に感じ入っているようすでした。ひととおり見てまわり充分楽しませて頂いたあと、2階のカフェで休憩。広くてゆったりとしたいいカフェでした。ここなら観賞あとの歓談にもってこいです。

明日の締め切りに向け仕込みの真っ最中。
今日は軽めの書き込みで(了)


サトカズのホームページ
サトカズとは
サービスと料金
設計のプロセス
サトカズの作品集

>>>お問合せはこちら

[PR]
by satokazu_n | 2009-03-26 10:50 | 今日このごろ
安藤忠雄建築展[挑戦ー原点からー]
安藤忠雄建築展[挑戦ー原点からー]を今日やっとふたりで観に行きました。10月3日からやっていたというのに何やっているんだろうか。(本当に。ちなみに12月20日までやっています)平日昼間だからすいているかなぁ・・・と思っていたら案外大入りでした。ゆっくり観賞できる程度ではありますが。

噂の住吉の長屋ですが、図面や写真と違って実物のスケール感は具体的でいい。もちろん実物ではなくレプリカになるわけですが、それでも展示物自体がひとつの建築として成立しているような感覚を持ってそこにある。否応なく眼が反応してしまう。素材感だけでなく設計時の悩みがかいま見れるような気がしてなんだか生々しい。

ネタバレになるかもしれませんが、コンクリート打放しについて。コンクリート打放しとはいうものの実は型枠のパネルの跡をみているだけだ、という話があります。今回の展示は文字通り型枠自体が仕上げとなっていて、明らかにコンパネの表面が露出しているだけなのに、ぱっとみコンクリート打放しに見えてしまうところにまず驚いてしまった。

そのあとはセパ割りや空間のスケールや、光の入り方、使い勝手などなど、面白いですね。

他にもベネチアでのギャラリーへの改装のビディオで映っていた黒い型枠に興味を持ちました。芸術的な施工の仕方というか、普通の化粧コンクリート打放し仕上げの数倍の費用がかかるのじゃないかな・・・仕上がりも綺麗そうだし、コンクリートという石だな。

もう一回行こ。
[PR]
by satokazu_n | 2008-12-03 23:08 | 展覧会
船越桂ー「夏の邸宅」展
d0138618_941556.jpg


先週、東京都庭園美術館で行われている彫刻家の船越桂の展覧会「夏の邸宅」展にいってきました。会期は来週の23日まで。

東京都現代美術館で行われた展覧会以来、ちらちらと作品を拝見してきたものの、以前の静謐で穏やかな雰囲気からすると、神話的な面持ちの飛躍に驚かされました。とはいっても船越さんらしさに落ちついてしまうあたりのジレンマもあり、やはりきれいすぎなのではないか、というところに自分では落ちつきました。私ごときが何を言うかと自分でもそう思うのですが・・・

さて、東京都庭園美術館、つまり旧朝霞宮邸の空間と船越さんの彫刻の競演ですが、これは見事としかいい与がなく、一見の価値があると思います。最近の作品になるほど彫刻の目線は上になるので、かなりシンボリックで空間に映えます。そこで実際使用することを想定すると、もの凄い雰囲気です。窓は閉ざされているので、濃密な内面世界が展開しています。アールデコ様式の内装もぴったりで、神話的な世界にとけ込んでいます。

反対に初期の作品は、彫刻の目線が人の目線に近く、ぱっと見には人ごみにまぎれてしまいそうです。事実、2階ホールや、1階庭園側展示室など、人と彫刻が解けてしまい。人が彫刻に見えてしまうという面白い現象も目の当たりに出来ます。

庭園美術館にくるたびに何か発見出来ないかと鵜の目鷹の目なのですが、今回は1階と2階の建具枠の違いを発見。1階の建具枠は縦枠が幅広く、上枠が細い。2階はその逆で、上枠が幅広く縦枠が細い。1階がやや剛直に格式張って見えるのに対し、2階は垂直性が強調され繊細な雰囲気になっています。そのほか壁クロスの貼り際のモールなど面白さ満点です。おかげでかなり歩くはめになりました・・・

というわけで、お時間ある方は是非ご覧下さい。
[PR]
by satokazu_n | 2008-09-18 10:09 | 展覧会
「建築のみる夢」展
d0138618_7113683.jpg


先日の日曜日に世田谷美術館で開催中の「建築のみる夢ー石山修武と12の物語」展へ行ってきました。
http://www.setagayaartmuseum.or.jp/exhibition/exhibition.html

普段、目にするこぎれいに納まったお行儀の良い「けんちく」とは違って、内面の奥底からわき上がってくるような構想力や情景に圧倒されました。人と場所、歴史を強引に、しかしながら当然の帰結として動かし、運び去っていく様は「建築」の可能性を鮮やかに見せつけてくれます。17日で終わってしまいますが、今後展開されるであろう実作に注目です。

物事を市場や個人的な思惑のなかで都合よく納めていくデザイナーとしての「けんちくか」が取りざたされることが多いように思うのですが、人と場所という基本要素に対し自発的に働きかけ、歴史の中に打ち立てる(少々ヒロイックな言い方ですね)という本道もきちんと存在しているのだな、と思い、勇気づけられたような気がしました。

建築家の個展にしてはかなり混み合っていました。夜はNHK新日曜美術館でこの展覧会の特集をしっかりチェック。

d0138618_7114932.jpg


世田谷美術館のある世田谷公園。お弁当を持ってきて正解でした。

追記:更新の長期休止、すいませんでした。
   それから・・・近所に二羽ニワトリがいる。
   ・・・冗談じゃないぜ。
[PR]
by satokazu_n | 2008-08-07 07:41 | 展覧会
建築がうまれるとき/ペーター・メルクリと青木淳 展
久しぶりに仕事から解放され、「建築がうまれるとき/ペーター・メルクリと青木淳 展」をみに竹橋は東京近代美術館(谷口吉郎設計/坂倉建築研究所リニューアル)に行ってきました。

会場は2階の一室。会場中央に青木淳さんの模型(1/100?)が丸いプレートに載せられ浮かんでいて、一方、ピーターメルクリのドローイングが壁や柱付近にくっついて展示されているという対比的な構成になっていました。

展示をとおして両氏の思考/試行の軌跡というものが感じられて楽しかった。作家自身の思考を追体験している感じ、緩慢なフラッシュバックというものがあり、普段みに行く展示とは違った感覚がしました。遊園地に行ったときの気分に近いかもしれません。模型やドロ−イングを使って作者の視点に飛び乗って動いてみるといったところでしょうか。

当日は最初に4階まで行って最初に近代の絵画彫刻をみていたのですが、こちらは反対に自分の体調や感覚というものが見て取れて面白かった。さーっと通り過ぎるようにしていても、目を引く、気を引かれるもとというのがあって、なんだか自己確認になってしまっていました。どちらかというと日本画に心地よさを感じたり、萬鉄五郎の絵の女性の鼻の穴が異様に黒く強調されていて、それが絵全体の構成の中で無下に出来ない重みを持っていることに笑いがこみ上げてきたり、藤田嗣治の戦争画の黒の奥行き、などなど、ついつい長居してしまう。
[PR]
by satokazu_n | 2008-07-20 08:55 | 今日このごろ