人気ブログランキング |

サトカズの片割れがつづる設計の日常
by satokazu_n
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

サトカズ事務所

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
タグ
(124)
(67)
(53)
(28)
(26)
(25)
(14)
(14)
(13)
(7)
(3)
(3)
(2)
カテゴリ
今日このごろ
展覧会
たてもの見学
インテリアプランニング
建築法規
家づくりのまえに
コンペ雑感
HC248-高窓と中庭のある住まい
HC241-彩のある住まい
模型
P1グランプリ
WH454-海と山を望む家
WH452-見晴し台の家
WH448-柔らかくつなぐ家2
WH447-柔らかくつなぐ家
HC219-ふたつの庭
HC218-杜と水のホール
WH431-見晴し台
HC207-二世帯住宅
WH422-T-house
HC204-よりそう家
HC203-素のすまい
HC202-自然と会話する家
以前の記事
2011年 02月
2010年 10月
2010年 08月
more...
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
敷地のカタチに関する資料とは
住宅に限らず建物の設計をするには、建物を建てるための土地「敷地」のカタチや大きさを知る必要があります。取引を行った不動産会社の重要事項説明書や、土地家屋調査士作成の敷地調査書など、敷地の境界についてのはっきりとした資料があればよいのですが、事情によってはそうでない場合もあります。
さて、そのカタチや大きさを知るための資料にはどのようなものがあるでしょう。


地籍測量図
法務局で閲覧とコピーができる資料です。資料の中では信頼性の高い資料といえます。三斜という三角形の組み合わせであったり、各頂点の座標によって敷地のカタチが示され、そのカタチから敷地の面積が計算されています。
この資料を手に入れる前に、住宅地図や法務局に置いてあるブルーマップや「公図」で目的の土地の位置と地番(住居表示ではない)を確認しましょう。その地番をもとに地籍測量図を請求することになります。
記載されていない場合や、記載があっても内容があいまいだったりすることがあります。その場合は複数の資料を突き合わせて推測するか、現状を測量する必要があります。

道路台帳
市役所や区役所などの道路課、道路整備課といった部署に行くと、道路のカタチがわかる資料が手に入ります。すべての場所の資料があるとは限りませんが、道路の境界について決まった部分については資料があるはずです。地籍測量図がない場合でも道路台帳から推測することができます。
同様に下水道台帳というものがあって、こちらは下水管とそれに接続する枡の位置が記載されています。直接的な資料ではありませんが、それなりに役立つ資料です。

不動産のチラシ
だいたいカタチと面積はわかる資料です。これをもとに周辺の状況や情報の正確さを確認していけるので、出発点と言える資料です。

住宅地図
縮尺1/1500程度の地図をいいます。敷地のカタチは大まかなものしかわかりません。でも、とりあえず位置と道路形態や近隣関係は分かります。不動産のチラシが手に入ったらどこにあるんだろうかと探してみるのも面白いです。

これ以外に・・・

公図
地籍測量図でも触れましたが、法務局に行くとその土地に関する「公図」という地図が必ずあります。ない場合はない、といっても過言ではありません。(土地区画整理の最中の場合はありません)その道のプロにとっては資料の原点ともいえる非常に重要な地図です。道路と接していることを確認しましょう。それから周囲の土地との接し方などを見ておきましょう。その土地の歴史もうかがえます。

土地要約書または土地登記簿謄本
同じく法務局にある重要性の高い書類です。土地の所有者や権利関係、位置、面積について記載されています。登記簿上は何m2あるのかなぁ、ということがわかります。土地購入を考えている方はこの書類に記載されている内容について、ある程度理解できた方がいいと思います。

以上の資料があれば、なんとかかんとか土地のカタチや大きさを再現することができます。
信頼できる資料がない場合は最終的には現地を測量するしかありません。


サトカズのホームページ
サトカズとは
サービスと料金
設計のプロセス
サトカズの作品集

>>>お問合せはこちら

by satokazu_n | 2009-10-23 10:59 | 家づくりのまえに
<< 敷地はどこからどこまでか グレーチングハウスの掲載 >>