人気ブログランキング |

サトカズの片割れがつづる設計の日常
by satokazu_n
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

サトカズ事務所

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
タグ
(124)
(67)
(53)
(28)
(26)
(25)
(14)
(14)
(13)
(7)
(3)
(3)
(2)
カテゴリ
今日このごろ
展覧会
たてもの見学
インテリアプランニング
建築法規
家づくりのまえに
コンペ雑感
HC248-高窓と中庭のある住まい
HC241-彩のある住まい
模型
P1グランプリ
WH454-海と山を望む家
WH452-見晴し台の家
WH448-柔らかくつなぐ家2
WH447-柔らかくつなぐ家
HC219-ふたつの庭
HC218-杜と水のホール
WH431-見晴し台
HC207-二世帯住宅
WH422-T-house
HC204-よりそう家
HC203-素のすまい
HC202-自然と会話する家
以前の記事
2011年 02月
2010年 10月
2010年 08月
more...
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
食器と料理の相性ってあるものですね。
昨日の某有名デザイナーのスプーンを使っていて気づいたことがもう一つ。

同じものを食べるにも、スプーンの形が違うと食感がずいぶん変わるなあと思った。
なんだかいつもよりたくさん食べている感じがする。
スプーンが大きいから、いつもより大量に具が口の中に放り込まれ、
それらをモグモグとやるのだから、おそらくそういう印象になるのだろう。

さらにいえば某有名デザイナーのスプーンはスープ用のスプーンだけあって、
中央部分が余計にへこんでいるので、スープもまた同時に入ってくる。
これで具とスープを同時に味わうことができるようになった、ともいえる。

少なくとも箸にはこの芸当は出来ないだろう。

料理というのは、調理の仕方がクローズアップされがちだけれど、最後の最後、
どうやって食べるか、箸なのか、スプーンなのかフォークなのかといった条件が、
料理を決定づけてしまうような気がする。

大根の千切りの味噌汁をスプーンで食べようとするとけっこう難しい。
やっぱり箸でないとうまくいかない。
シチューと箸、ラーメンとスプーン、すしとフォーク・・・

考え出すとけっこう面白い。

なんだかとりとめのない話だけれど、件のスプーン、それなりに気に入って使っていたりして。


サトカズのホームページサトカズとはサービスと料金設計のプロセスサトカズの作品集
>>>お問合せはこちら

人気ブログランキングへにほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
by satokazu_n | 2009-11-10 16:10 | 今日このごろ
<< 王禅寺ふるさと公園 某有名デザイナーのスプーンを使... >>