サトカズの片割れがつづる設計の日常
by satokazu_n
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール

サトカズ事務所

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
タグ
(124)
(67)
(53)
(28)
(26)
(25)
(14)
(14)
(13)
(7)
(3)
(3)
(2)
カテゴリ
今日このごろ
展覧会
たてもの見学
インテリアプランニング
建築法規
家づくりのまえに
コンペ雑感
HC248-高窓と中庭のある住まい
HC241-彩のある住まい
模型
P1グランプリ
WH454-海と山を望む家
WH452-見晴し台の家
WH448-柔らかくつなぐ家2
WH447-柔らかくつなぐ家
HC219-ふたつの庭
HC218-杜と水のホール
WH431-見晴し台
HC207-二世帯住宅
WH422-T-house
HC204-よりそう家
HC203-素のすまい
HC202-自然と会話する家
以前の記事
2011年 02月
2010年 10月
2010年 08月
more...
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
つらつらと・・・
d0138618_22175244.jpg



ふたつの庭のダイニングとキッチンです。

コンペが終わって応募作品が公開になり、自分の応募案も冷静に眺められるようになってきている今日この頃。キッチンとダイニングの位置は取り替えた方がいいなぁなどと思いながら模型写真を見返しています。ダイニングとリビングの直線的な配置がやや堅いような気がするし、空間に変化を付けてもっと流動的な感じや多様性を持たせた方がいいのかも知れない。水回りが分散して設備関係の処理が面倒になるような気もするのですが、そもそも1階のトイレの位置がイレギュラーなので、今さら集約化に拘ってみてもたかが知れているのかも。なにはともあれもう少しいじってみたい誘惑に駆られたりしています。

他の提案の感想としては、やっぱり規模的に大きめの提案が多かったなと感じました。大きめな案の欠点は隣との距離がとれないため、プライバシーや日照、通風などに支障が出てくることです。そのため、1階で最大ボリュームを確保し、2階は中庭をつくることで生活環境を整えるという構成になるのですが、どうしても閉鎖的になる。そこを皆さん苦労している様子が伝わってきます。無理せず敷地や予算規模の身の丈にあった提案をしておけば南側に庭が取れてプライバシーや日照、通風などの問題も解決出来るのに・・・と思うのですが、いかがなりますでしょうか。

今まで最大ボリュームのつくろうとするのは提案者のクライアントへのサービスではないかと思っていたのですが、ひょっとすると設計者って本能的にデカイものをつくりたいと考えちゃうのかもしれませんね。今回の応募案を見渡すと、そんな設計者の無意識を感じたりするのですが、どうなんでしょう。建物をつくるときには敷地とのバランスをみると思うのですが、最近はそういうことしないのかな?

応募案はこちらのリンクです。

近況 : 近日提案予定。2作品。現在思案中。

それから、以前提案したコンペ(落選)の結果がこちらにアップされています。

採用案って設計変更でだいぶ変わっちゃいそうだな(構造問題)、などと思いつつ、僕らの案も生彩に欠けており大いに反省するべし。 以上
[PR]
by satokazu_n | 2008-10-28 22:45 | HC219-ふたつの庭
<< 提出見送り HC218-杜と水の音楽ホール >>