サトカズの片割れがつづる設計の日常
by satokazu_n
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
プロフィール

サトカズ事務所

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
タグ
(124)
(67)
(53)
(28)
(26)
(25)
(14)
(14)
(13)
(7)
(3)
(3)
(2)
カテゴリ
今日このごろ
展覧会
たてもの見学
インテリアプランニング
建築法規
家づくりのまえに
コンペ雑感
HC248-高窓と中庭のある住まい
HC241-彩のある住まい
模型
P1グランプリ
WH454-海と山を望む家
WH452-見晴し台の家
WH448-柔らかくつなぐ家2
WH447-柔らかくつなぐ家
HC219-ふたつの庭
HC218-杜と水のホール
WH431-見晴し台
HC207-二世帯住宅
WH422-T-house
HC204-よりそう家
HC203-素のすまい
HC202-自然と会話する家
以前の記事
2011年 02月
2010年 10月
2010年 08月
more...
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
あこがれの一脚 PK22
d0138618_11164481.jpg
d0138618_11182110.jpg
d0138618_11183240.jpg
d0138618_11184283.jpg

 ポール・ケアホルム(POUL KJÆRHOLM 1929-1980年)が1956年(27才頃)にデザインした椅子PK22の模型です。縮尺1/20(かな?)足をプラ板でつくったのですが、それでもちょっと無骨ですね。シート部分は紙で出来ています。

 この繊細な脚をどう表現するか、非常に悩みました。それからシートの軽やかさも。まだまだ検討の余地あり。微妙な角度や曲線をいかに再現できるかが最大の問題です。といってもしばらくこのようなものをつくる時間的はなさそう。最近、納戸をごそごそしているうちに見つけたので、壊れないうちに撮影しておくことにしました。

現在、フリッツ・ハンセン社で取り扱われているようです。


サトカズのホームページ
サトカズとは
サービスと料金
設計のプロセス
サトカズの作品集

>>>お問合せはこちら

[PR]
by satokazu_n | 2009-04-06 11:26 | 模型
<< 間取りの基本—「動線」4 間取りの基本—「動線」3 >>