人気ブログランキング |

サトカズの片割れがつづる設計の日常
by satokazu_n
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

サトカズ事務所

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
タグ
(124)
(67)
(53)
(28)
(26)
(25)
(14)
(14)
(13)
(7)
(3)
(3)
(2)
カテゴリ
今日このごろ
展覧会
たてもの見学
インテリアプランニング
建築法規
家づくりのまえに
コンペ雑感
HC248-高窓と中庭のある住まい
HC241-彩のある住まい
模型
P1グランプリ
WH454-海と山を望む家
WH452-見晴し台の家
WH448-柔らかくつなぐ家2
WH447-柔らかくつなぐ家
HC219-ふたつの庭
HC218-杜と水のホール
WH431-見晴し台
HC207-二世帯住宅
WH422-T-house
HC204-よりそう家
HC203-素のすまい
HC202-自然と会話する家
以前の記事
2011年 02月
2010年 10月
2010年 08月
more...
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
間取りの基本—「動線」4
■ 動線には幅がある( 動線の基本−2のつづき )

動線の断面形状・・・というとちょっとむずかしく聞こえます?

同じ幅の通路でも、廊下のように両側が壁になっているのと、ソファーとダイニングテーブルの間とか、ベッドと壁の間などでは、広い狭いの感覚は随分違います。このように動線がどのような状況におかれているか、その状況を示すものの一つが、動線の断面形状です。

もうちょっと詳しくいうと、動線の断面形状の要素は「見える範囲」「動ける範囲」にわけられます。また[動ける範囲」は「手の範囲」「身体の範囲」にわけられます。

たとえば「見える範囲」が無限大で「動ける範囲」がゼロだったらどうでしょう。気球の上から見渡した感じと言えばよいでしょうか。どこへも行けないのでちょっと窮屈ですが、まずまずといった感じがします。逆に「見える範囲」がなく「動ける範囲」が無限大だったらどうでしょう。暗闇のなかを歩くようですね。ちょっと極端な例ですがわかります?

廊下は見える範囲と動ける範囲が一致しています。ただし、両脇は壁、正面は遠くまで見えるときはより広く感じられます。逆に見通しがきかない場合は同じ幅でも狭くに感じられます。見えない向こうに何があるかわからないと、幅とは関係なく不安さえ感じます。

リビングなど家具の配置された部屋などは見える範囲と動ける範囲は一致してないです。見通しは利くけど動けないという状態がありますよね。散らかった部屋などで感じられることですが、広いのに不自由な、使い勝手の悪い窮屈な感じがします。

これらは見えるのものと目的とした行動が出来ないからなのですが、こういう状態を解消したいということがプランニングの目的の一つにもなっています。

このように動線は断面形状によってその印象が大きく違うことがあります。「見える範囲」と「動ける範囲」に着目し、普段の生活を見つめてみましょう。


サトカズのホームページ
サトカズとは
サービスと料金
設計のプロセス
サトカズの作品集

>>>お問合せはこちら

by satokazu_n | 2009-04-07 10:15 | インテリアプランニング
<< 千鳥ヶ淵の桜をみて あこがれの一脚 PK22 >>