人気ブログランキング |

サトカズの片割れがつづる設計の日常
by satokazu_n
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

サトカズ事務所

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
タグ
(124)
(67)
(53)
(28)
(26)
(25)
(14)
(14)
(13)
(7)
(3)
(3)
(2)
カテゴリ
今日このごろ
展覧会
たてもの見学
インテリアプランニング
建築法規
家づくりのまえに
コンペ雑感
HC248-高窓と中庭のある住まい
HC241-彩のある住まい
模型
P1グランプリ
WH454-海と山を望む家
WH452-見晴し台の家
WH448-柔らかくつなぐ家2
WH447-柔らかくつなぐ家
HC219-ふたつの庭
HC218-杜と水のホール
WH431-見晴し台
HC207-二世帯住宅
WH422-T-house
HC204-よりそう家
HC203-素のすまい
HC202-自然と会話する家
以前の記事
2011年 02月
2010年 10月
2010年 08月
more...
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
間取りの基本—「ゾーニング」下書き
動線の基本と題して書いてきましたが、そろそろゾーニングについても始めければ・・・。

とはいってもある程度見通しを立てないとさすがに難しい。
方針や順序、切り口など整理しなければならないことがたくさんある。
しかもゾーニングは動線と違って機能がまちまちで、関係するファクターもいろいろ。
原則1とか2とかいうのは案外簡単じゃない。
動線が肖像画だとすれば、ゾーニングは群像画です。
それぞれの要素の微妙な力関係をどう記述するか・・・悩ましい。

まずはゾーニングの定義から始めるか。

ゾーニングとは、思いつくまま書くと、何かと何かを区別して、それぞれの要素にふさわしい位置に配置していくことだと思うのです。
たとえば住宅でいえば大きくはパブリック(公)/プライベート(私)という分け方があります。
パブリック(公)というのは、家族みんなで利用する部分やお客様など外部の人の目に触れるか触れないかで決まることもあります。具体的には、玄関、リビング、ダイニング、キッチン、トイレ、洗面、浴室などがあげられます。もうひとつのプライベート(私)とは特定の個人が使う場所のことで、各個室などになります。
パブリック(公)/プライベート(私)の分け方は特に決まりがあるわけではなく、上にあげたすべてがプライベート空間として考えることもできるし、またすべてをパブリック空間として考えることもできます。パブリック空間は玄関と客間だけということもあるし、キッチンや洗面、浴室、トイレなどはプライベート空間と考えることもよくあります。

そう考えると、たんにパブリックとプライベートという分け方をしたとしても、その間には各個人の感覚に潜む淡いグラデーションのようなものがあって、あまり明確ではありません。むしろ、そのような分け方を物差しにして、事物をどのように判断するか、つまりクライアントや設計者自身の感覚をどう理解するかということが、ゾーニングという行為なのかな・・・と考えたりするのです。

今日はこんなところでメモ書き終わり。


サトカズのホームページ
サトカズとは
サービスと料金
設計のプロセス
サトカズの作品集

>>>お問合せはこちら

by satokazu_n | 2009-05-13 11:56 | インテリアプランニング
<< 間取りの基本—「ゾーニング」下書き2 佃(つくだ)の家の解説を書きました >>