人気ブログランキング |

サトカズの片割れがつづる設計の日常
by satokazu_n
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール

サトカズ事務所

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
タグ
(124)
(67)
(53)
(28)
(26)
(25)
(14)
(14)
(13)
(7)
(3)
(3)
(2)
カテゴリ
今日このごろ
展覧会
たてもの見学
インテリアプランニング
建築法規
家づくりのまえに
コンペ雑感
HC248-高窓と中庭のある住まい
HC241-彩のある住まい
模型
P1グランプリ
WH454-海と山を望む家
WH452-見晴し台の家
WH448-柔らかくつなぐ家2
WH447-柔らかくつなぐ家
HC219-ふたつの庭
HC218-杜と水のホール
WH431-見晴し台
HC207-二世帯住宅
WH422-T-house
HC204-よりそう家
HC203-素のすまい
HC202-自然と会話する家
以前の記事
2011年 02月
2010年 10月
2010年 08月
more...
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
間取りの基本—「ゾーニング」下書き2
間取りの基本—「ゾーニング」下書き・・・とりあえずもうちょっと書き進めてみよう。

ゾーニングとは、何かと何かを区別して、それぞれの要素をふさわしい位置に配置していくことである。
・・・などと軽々しく書きましたが、まぁ当たらずとも遠からずという気分になってきました。

1.ゾーニングとは何かと何かを区別することである。

つまり何かの価値基準に照らしながら、漠然とした全体を細かなパーツに分けて、これは右とか左とか、分類していく作業がゾーニングというものなのかもしれません。
たとえば「家」とか「住宅」とか「建物」といったものを、漠然ととらえるのではなく、玄関とか、ホールとか、リビングとかダイニングといった部分の集合によって理解し、把握しようとする試みなんですね。
こうすることで、トイレはもう一個必要だとか、客間は必要なくても和室は必要だとか、パブリックとかプライベートとか、表と裏とか、リラックスする部分と作業する部分とか、それぞれのパーツの必要性や、パーツごとの性格づけや関連性などが明らかになってくるのだと考えられます。

2.ゾーニングとは各パーツを配置していくことである。

分類され、把握された個々のパーツをそれぞれの関係性に従って配置していきます。
各要素間の関係は様々な価値の違いによって位置を変えます。よくまるい領域などであらわされた要素を線で結んでいき、近いものは隣接させたり、離したりと・・・よくやるエスキスのワンシーンですね。
たんに各要素間の関係だけで済めばいいのですが、建物には「外部」というものがあって、この段階になるとそう簡単に済ますことができなくなってきます。要するに敷地の大きさや、法規などによる高さ制限、予算やデザイン上の方針など全体像を規定する力がゾーニングという行為に圧力をかけるようになってきます。器に収まらないという現象です。
それに、日照や通風、眺望によってはどうしても動かせないような要素(南向きのリビングとか)が出てきて言うことをなかなかきいてくれない。

そんなすったもんだを展開するのがゾーニングなのかもしれませんね。

本日はここまで。
今日は打ち合わせ、現地調査など一日外出の予定。


サトカズのホームページ
サトカズとは
サービスと料金
設計のプロセス
サトカズの作品集

>>>お問合せはこちら

by satokazu_n | 2009-05-14 01:01 | インテリアプランニング
<< 雑草という植物はない 間取りの基本—「ゾーニング」下書き >>