サトカズの片割れがつづる設計の日常
by satokazu_n
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール

サトカズ事務所

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
タグ
(124)
(67)
(53)
(28)
(26)
(25)
(14)
(14)
(13)
(7)
(3)
(3)
(2)
カテゴリ
今日このごろ
展覧会
たてもの見学
インテリアプランニング
建築法規
家づくりのまえに
コンペ雑感
HC248-高窓と中庭のある住まい
HC241-彩のある住まい
模型
P1グランプリ
WH454-海と山を望む家
WH452-見晴し台の家
WH448-柔らかくつなぐ家2
WH447-柔らかくつなぐ家
HC219-ふたつの庭
HC218-杜と水のホール
WH431-見晴し台
HC207-二世帯住宅
WH422-T-house
HC204-よりそう家
HC203-素のすまい
HC202-自然と会話する家
以前の記事
2011年 02月
2010年 10月
2010年 08月
more...
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
コンペ提案ー並木の小箱
d0138618_11362678.jpg

日曜日にコンペ案をひとつ提出しました。
通りに沿って並木のある小住宅です。
大きさは24坪+ロフト6坪ほどですが、主寝室と2つの個室、それから収納空間をたっぷりとってあります。
2階をLDKのにして、日当たりと眺望をぜいたくに楽しめる設計になっています。

d0138618_1126345.jpg

910モジュールにするか、メーターモジュールにするか悩みましたが、コストと敷地との相性のよさから910モジュールにすることにしました。2通りかいてみて、最後はエイヤッという感じです。コンペでなければもっと精度の高いコストの検討ができるんですけどね。

それはともかく、なんとなく敷地が小さくなると尺貫法の影響が強くなるような気がします。
一町歩とか一反といった昔の単位を基準にして畑か田んぼの大きさが決まって、その後、あぜ道が道路になり、各画地が分割されて住宅地になる。さあメーターモジュールだぁと物差しを当ててみると、妙に余っちゃったりする。敷地が広ければ余らせておけばいいのですが、目一杯となるともどかしい事態になったりして。

設計をされている皆さん。
いかがでしょうか。


サトカズのホームページ
サトカズとは
サービスと料金
設計のプロセス
サトカズの作品集

>>>お問合せはこちら

[PR]
by satokazu_n | 2009-06-17 11:52 | コンペ雑感
<< コンペ提案ー並木の小箱 2 近況など >>