人気ブログランキング |

サトカズの片割れがつづる設計の日常
by satokazu_n
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

サトカズ事務所

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
タグ
(124)
(67)
(53)
(28)
(26)
(25)
(14)
(14)
(13)
(7)
(3)
(3)
(2)
カテゴリ
今日このごろ
展覧会
たてもの見学
インテリアプランニング
建築法規
家づくりのまえに
コンペ雑感
HC248-高窓と中庭のある住まい
HC241-彩のある住まい
模型
P1グランプリ
WH454-海と山を望む家
WH452-見晴し台の家
WH448-柔らかくつなぐ家2
WH447-柔らかくつなぐ家
HC219-ふたつの庭
HC218-杜と水のホール
WH431-見晴し台
HC207-二世帯住宅
WH422-T-house
HC204-よりそう家
HC203-素のすまい
HC202-自然と会話する家
以前の記事
2011年 02月
2010年 10月
2010年 08月
more...
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
メモ書き2
設計事務所の役割については前回のメモ程度にしよう。
特殊性をつまみ出すのではなく、一般的にものごとを把握してみよう。
あるものを肯定的に受け止めた方がわかりやすいし、早い。

実はこれら以外に「監理」という大事な役割もあるのですが、忘れてはいけない。
監理というのは、こういうものをつくりましょう、と決めたことが本当にできているか確かめることです。
図面だけを見てその通りにできればいいのですが、表現しきれない部分もある。
つまりもっと深い意思やニュアンスや目的といった抽象的なものを伝える役割ということになるのかな。。。

ここまできていつも思うのは、
図面で伝えきれないのは単なる不備なんじゃないの~という妙に後ろめたい感覚。
単なるチェック機関という意味でも、なんだか必要悪のような感じがしてしまう。

世の中そういうものがないわけではないし、
むしろそういうもので成り立っているような気がするのですが、
もっと積極的な意味合いで監理を位置づけられないのかと

いい言い方ないのかな。
基準法とか、建築士会とか、建築家協会とかはどう位置付けているのだろうか。
一度調べてみよう。

なんだか内容の薄い書き込みだけど、手直しせず書き込みゴメン。
昨日つくったのでなんか文章がとろけている。
今日は涼しいし、もう仕事しよう。


サトカズのホームページ
サトカズとは
サービスと料金
設計のプロセス
サトカズの作品集

>>>お問合せはこちら

by satokazu_n | 2009-07-17 10:50 | 今日このごろ
<< 仕事場にて メモ書き >>