人気ブログランキング |

サトカズの片割れがつづる設計の日常
by satokazu_n
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール

サトカズ事務所

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
タグ
(124)
(67)
(53)
(28)
(26)
(25)
(14)
(14)
(13)
(7)
(3)
(3)
(2)
カテゴリ
今日このごろ
展覧会
たてもの見学
インテリアプランニング
建築法規
家づくりのまえに
コンペ雑感
HC248-高窓と中庭のある住まい
HC241-彩のある住まい
模型
P1グランプリ
WH454-海と山を望む家
WH452-見晴し台の家
WH448-柔らかくつなぐ家2
WH447-柔らかくつなぐ家
HC219-ふたつの庭
HC218-杜と水のホール
WH431-見晴し台
HC207-二世帯住宅
WH422-T-house
HC204-よりそう家
HC203-素のすまい
HC202-自然と会話する家
以前の記事
2011年 02月
2010年 10月
2010年 08月
more...
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:今日このごろ( 99 )
グレーチングハウスの掲載
先日提出済ました(仮題)グレーチングハウスを掲載いたします。
なお具体的な敷地やご依頼者様に関する情報については削除したうえで掲載しております。
他にも提案者としてに隠しておきたい部分もありますが、公開。
d0138618_11174192.jpg
d0138618_11175597.jpg
d0138618_1118470.jpg

d0138618_11181311.jpg
d0138618_11182222.jpg

狭小敷地にたつ小住宅のため、建築基準法の北側斜線や道路斜線の厳しい形態制限があり、平面と断面の調整に苦慮しながらの設計でした。半地下をつくって建物を低くするということは建売住宅レベルでも散見されることですが、排水設備のポンプアップの問題や湿気対策の点からもあまり望ましいことではないと考えています。

今回の敷地はよくよく検討すると、そのような半地下をつくらなくても何とかなりそうな内容でしたので、基礎底盤の天端は一部を除きGLよりも50mm上げた上で1階床を構成。1FL=GL+200を基準として各階を構成しています。この基準でボリュームデザインの枠組みが決定されてしまうので、かなり慎重に検討をしました。

他にも1FLを決定してしまう要因があって、そのひとつがユニットバスだったりします。ユニットバスの床下には排水用の配管スペースがあって、基礎などの設置レベルからユニットバス内の床高さまではそれなりの高さが必要です。この問題は1階床用よりも床下フトコロが少なくて済む階上床用を使用して問題解決を図っています。ちょっとひねりました。排水は建物外周をぎりぎり回すことができるようにしてあります。1階トイレの排水についても配慮をしています。かなり地味ぃなお話ですが。

グレーチングハウスと銘打ってはいるのですが、何かもうちょっと気の利いた名前はないかと検討中です。


サトカズのホームページ
サトカズとは
サービスと料金
設計のプロセス
サトカズの作品集

>>>お問合せはこちら

by satokazu_n | 2009-10-22 11:58 | 今日このごろ
CO2削減25%の社会とは?
お昼をとりながらCO2削減25%のニュースをみました。
技術革新とライフスタイルの変化で達成可能(ではないか?)といった話をしていました。

詳細を知る必要がありますが、CO2削減25%といっても一定の経済成長率を達成しながらという条件があって、単に量を減らせばいいというものではない。経済界としては、環境技術がこれからの国際社会の切り札になるから国と一体となって技術革新と国際競争力を身につけたいという思惑があるのだろう。「決して否定的ではないものの・・・」というコメントにそんな気持ちが見えてきます。

さて問題は「ライフスタイルの変化」というもの。
消費を促進しながらCO2を削減って、どうするんだろうと不思議に思う。

今はエコ製品への買い替え需要やリフォームなどの奨励によってお尻を叩いているのでしょうけれども、いつまでも続くわけがない。一般消費者の純粋に必要な消費なんて、本当にたかが知れていると思う。それを誰もが実行したら大不況が来るのでは?
ひょっとしたら一般社会にもCO2排出量取引を個人も利用しなきゃいけないってことかな。

やっぱり企業間、国家間でCO2排出量取引で儲けた国相手に環境技術を売ってCO2排出量を買い取るということか。日本は資源のない国といったってCO2まで同様とは。・・・涙
カレーをほうばりながら。


サトカズのホームページ
サトカズとは
サービスと料金
設計のプロセス
サトカズの作品集

>>>お問合せはこちら

by satokazu_n | 2009-10-19 12:51 | 今日このごろ
木造住宅の柱あらわしが省令準耐火って準耐火じゃないの?
木造住宅の柱あらわしが省令準耐火に
木造住宅の構造材の柱や梁をあらわしにしたリビングなどが、省令準耐火の仕様として設計できる・・・・!!

建設・不動産の総合サイト「ケンプラッツ」(以下リンク)
http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/article/building/news/20091013/536031/
の記事に胸をときめかせてクリック!

準防火地域の木造3階建などの場合、準耐火建築物にしなければならない。具体的には床壁天井などを所定の仕様にしなければならず、仕上げ厚が増してしまうという問題がある。

リビングなどのある程度の大きさがあるところは数ミリ厚くなっても大差ないのだが、廊下や階段の幅などはじめから小さい寸法の部分は数ミリでも影響が大きい。3階建で柱が120角になった上で両側から数ミリずつ増すとなると780ミリの廊下が760ミリになる。これではどうにも窮屈すぎる。大したことがないようですが、僕はずっと気になって柱芯をずらしたり、工夫を重ねたりしていました。

でも、柱を表しにしても準耐火の仕様にできるのなら・・・全部解決!

と思ったのですが僕の勘違い。みそは「省令準耐火」ってところ。
意味するところは、火災保険の認定基準の上で準耐火構造とみなしうる構造ということで、
建築基準法上の準耐火とは違うのでした。

詳しくは「省令準耐火」で検索してみてください。チャン、チャン。
でも、保険の仕様もよっく勉強しなきゃね。


サトカズのホームページ
サトカズとは
サービスと料金
設計のプロセス
サトカズの作品集

>>>お問合せはこちら

by satokazu_n | 2009-10-14 12:47 | 今日このごろ
ユニットバスの裏の通気について
木造住宅の各部の断熱材とその設置方法、気密性に関して調べているうちに
ユニットバスの裏側、つまり基礎とユニットバスの間の隙間部分の通気について
疑問をもった。

d0138618_15304839.jpg


土台と基礎の間にねこ土台を設置して床下を外気と一体にした場合でも、
ユニットバス周囲だけは基礎と土台を密着させて室内の気密を確保するのですが、
その場合、ユニットバス裏の隙間の空気は密閉されたままになってしまう。
ユニットバスの性能上水密性は問題ないのでしょうけれども、
多少は湿気が回りこむのではないか?、結露は?・・・と考えた。

いっそのことユニットバスの区画も他の床下と同様に外気に通じさせてしまえばよいのでは・・・
と考えてみたものの、そうなるとユニットバス自体の断熱が問題になる。気密も取りづらい。

あれこれと考えたあげく、結局現状に戻す。
浴室の換気線で24時間換気をすることで基本的には常時負圧になっていること。
室内の空気とつなげて循環させることで、不健康な滞留はさけられること。
壁の断熱材は耳付きのグラスウールで気密性や防湿性が確保されていること。
などから大丈夫そうだなということで踏ん切りをつける。

浴室の基礎部分に雑菌の繁殖を抑える抗菌剤を塗布するなどの工夫は有効かもしれない。
(加筆:考えてみたらふつうに防腐防蟻材を塗っているから心配なさそうではあるが、)
(・・・いろいろ考えると密閉したまんまということになりそう。もとのモクアミか)

断熱材は日進月歩。
日々要チェックと悟る。


サトカズのホームページ
サトカズとは
サービスと料金
設計のプロセス
サトカズの作品集

>>>お問合せはこちら

by satokazu_n | 2009-10-08 12:47 | 今日このごろ
最近の仕事から―ボツ画像1
d0138618_12452996.jpg


今日はひさしぶりに天気が良かったので、以前使った模型をポチっと撮影。
使いやすい提案だったのですが、もうちょっと個性が欲しいような気がした。
時間がたっただけにやや冷静に判断できそう。

material
スチレンボード、アガチスの板、バルサの板、
マホガニーの柱、紙、スタイロフォーム
scale : 1/30
size : w25cm x d22cm x h12cm

ご希望の方があればお譲り致します。


サトカズのホームページ
サトカズとは
サービスと料金
設計のプロセス
サトカズの作品集

>>>お問合せはこちら

by satokazu_n | 2009-10-01 12:57 | 今日このごろ
最近のお仕事から ― 詰め込み作業1
d0138618_17202869.jpg


限定された空間に、どれだけモノや機能を詰め込めるか・・・
という「お弁当問題」にはまっています。
詰め込んだものどうしの関係も上手くいかなきゃいけないので、
どちらかというと時計を組み立てているような感じです。


サトカズのホームページ
サトカズとは
サービスと料金
設計のプロセス
サトカズの作品集

>>>お問合せはこちら

by satokazu_n | 2009-09-30 17:24 | 今日このごろ
リフォームか、建売か、注文か・・・の質問へのお答え
昨日はとある建築系のサイトに掲載された一般の方のご質問に短い回答を書きました。

案外時間がかかることと、書いたあと気になって尾をひいてしまうということがあって、
しばらく遠ざかっていたのですが、なんとなくかわいい文章や内容にひかれ、
もう寝ようかな・・・というタイミングも功を奏してか、ついつい引き込まれてしまいました。

質問の内容はというと、

どちらの住宅もある程度の年数が経過してしまうとリフォームや修繕が必要になるのなら、
建売住宅も注文住宅も持ち(つまり耐久性や資産価値)は一緒なの?

というものでした。(あってますよね)

職業柄、「そりゃー注文住宅のほうが持ちはいいですよ」といいたいのですが、
注文住宅を依頼する動機というのは必ずしも「持ち」なんていう価値観だけでは
くくれるものではないよなぁ・・・という感覚があって、ちょっと違うことを書きました。

 住宅 = 耐久性 という図式は正しすぎるだけに、非常にいかがわしい。

ご興味のある方はハウスコというサイトの「家づくりなんでも相談」をのぞいてみてください。
ということでプライバシーに配慮しながら私の回答のみ下記に転載致します。



はじめまして

> ・・・家の「持ち」という点では一緒のように感じるのですが、どうでしょうか。

についてのみコメントします。

現在の建物は物理的な劣化よりも社会的経済的価値の減少の方が上回ってしまうようで、建売でも注文でも一定の期間が過ぎると経済価値という意味では関係なくなってしまうようです。

知り合いの不動産屋さんと話をしていると、建売というのは売って利益を上げるためにつくっているだけに、リフォームや修繕をすればそれなりにまた売れるようです。あるハウスメーカーでは自社物件の下取り再販というビジネスもあるとのこと。また注文住宅は施主の好みなど個別性が強く反映している場合は売りづらく、耐用年数などお構いなく取り壊してしまうこともあるようです。

それじゃあ建物にお金をかけるのは悪なのね、というと(職業柄もありますが)そうとも思えません。モノを買うとか造るためには「それが欲しい」というような単純な欲求が動機として必要です。100年持つ住宅が欲しいという人に売ったら他の建物と一緒だよといったところで思いとどまるものでもないでしょう。それに、少なくとも自身が使い続けている間はその効果や利益はちゃんと受け取り続けられるのだから、かけた分だけ得もあるというべきです。

それにこういう単純な欲求(欲望?、物欲?、夢?)というものが技術革新を促し、経済活動の原動力となり、その人の人生を華やかにするものでもあります。否定する対象ではなく、むしろ積極的にかなえてあげたいとさえ思います。

さてさて長くなってしまいましたが(迂闊に夜更かししてしまった)、件の話、結局は「モノが欲しいか、カネが惜しいか」ということになりませんか。モノが欲しければ理想に近い方が優れていて、経済価値は実現のための手段にすぎないし、カネが惜しければ経済価値の減少が少ない方が優れていて、モノはカネが化体しているだけの束の間の姿ということになります。

どちらの考え方が正しいわけでも優れているのでもないことはすぐにお分かりいただけると思います。両者の違いを理解して、歩み寄るプロセスが大切ですよね。省エネルギーと言いながらわざわざ電池を乗っけた車が飛ぶように売れるのは、そんな両者の心理に近づけたからではないかと思うことがあります。

(やや話題がそれた感じがしますがお許しを)

よいお住まいが見つかるといいですね。




サトカズのホームページ
サトカズとは
サービスと料金
設計のプロセス
サトカズの作品集

>>>お問合せはこちら

by satokazu_n | 2009-09-29 14:13 | 今日このごろ
「 減 築 」―ozoneのセミナーに行ってきました
昨日は新宿にあるリビングデザインセンターOZONEにて
リフォームに関するセミナーを聴講してきました。

「戸建て住宅 減築・断熱・エコリフォームの事例から」と題して
棟梁のいる技術系会社の加賀妻工務店 加賀妻氏による講演でした。
なんでこのせになーを聴講することにしたのかというと、
「 減 築 」
というキーワードがあったから、です。
なんとなく知ってはいたものの、具体的に触れたことがなく、
経験談を聞きたい!というのが目的でした。

でどうだったかというと・・・

一般の方向けのセミナーなので浅く広くという感じはいなめないものの
「減築」というものを(恥ずかしながら)初めてみることができたという意味で
有意義なセミナーでした。

「減築」というのは、現状よりも規模を縮小する建築工事のこと。
簡単にいえば増築の反対で、イメージできるかと思います。

例えば築ン十年も経った建物というのは現代の基準に合わない場合もあり、
殊に耐震性の劣る住宅は早めの補強や建て替えが望まれていたりもします。
また家族も巣立ってしまい、2階は誰も使っていないという状況も・・・

このようなシュチュエーションに対する一つの解決方法として
「 減 築 」というスキームが立ち現れます。
住まいの余計な部分を取り払って、身軽になった上でリフレッシュしようというわけです。

2階建てで1階の耐震性が著しく劣る場合、
2階を取っ払ってしまえば当然1階の構造的な負担は減り、耐震性は向上します。
加えてリフォームの仕上げ面積も減り、一石二鳥というわけです。

全面リフォームと減築を比べると減築のほうが、構造、断熱、刷新度などなど
完成度は高そうだなぁという感じがしましたが、コスト的にはケースバイケースなのかも・・・
と思いました。

基準法上の取り扱いや、固定資産税の軽減なんていう側面も触れてほしかったのですが・・・
今回はボリューム的に無理があるかな。でもいつか聞いてみたいです。

人口減少傾向がこの先続くこともあり、縮小とか集約の方法が気になるこの頃です。


サトカズのホームページ
サトカズとは
サービスと料金
設計のプロセス
サトカズの作品集

>>>お問合せはこちら

by satokazu_n | 2009-09-28 13:19 | 今日このごろ
海へー提案をしてきました
d0138618_1151048.jpg


シルバーウィークのある日、逗子にて住宅設計のラフプラン提案に行ってきました。
今回の提案は、残念ながら実現の見込みは低いものの複数の住宅の計画。
三十数坪の住宅3軒の場合と3住戸1棟の共同住宅の場合の2案。
普段できない提案ができることもあり、いつもと違った張りきり方をしました。

まだ途中段階ということや、プライバシーの問題もあり公表はできませんが、
何らかのかたちで発表できればと思っています。
承諾が必要ではありますが、おそらくエッセンスだけの発表になるかもしれません。

上の写真はそのときの・・・ではなく、8月末のある日の海岸です。
そのときも砂浜にいったのですが、提案のことで頭いっぱいでした。
ウィンドサーフィンがたくさん水平線を走っていたことは覚えています。

d0138618_1152231.jpg


藤沢駅近くの本屋さんの窓から見た富士山。
戦い終わって日が暮れてといったところ。

さて近況。

以前、提案していたコンペ物件について、2社に残ったとのお話があり嬉しいかぎり。
さてどうなるか。さてどうするか。
クライアント様はどのような不安を抱えているのだろうかと、思う。

以前、イベントに参加した際の写真がふいに届く。
にこやかで明るい僕らの表情に安らぐ。感謝。

某所駐車場整備のためちょこまかとした事務作業と
共同住宅のプレゼンにとりかかるべくネットからしばし離脱。

我がプリンシプル、いかばかり。



サトカズのホームページ
サトカズとは
サービスと料金
設計のプロセス
サトカズの作品集

>>>お問合せはこちら

by satokazu_n | 2009-09-24 11:27 | 今日このごろ
近況
だいぶ涼しくなってまいりました。

先日のコンペ提出後、ちょっと留めておいた仕事が案の定、グッと迫ってまいりました。
今週は少々大きな物件のプレゼンが控えておりまして、また更新が・・・
敷地が大きいうえに開発許可について微妙な判断が必要だったり、頼まれてもいないのに敷地分割についても射程範囲に収めるなど、デリケートです。歓迎されない可能性もあるのですが、そういう役回り?です。積極的にいきます。

そうかと思えば今朝は先週提出していたプランについてダメ出しをもらってしまい、先ほどまで平面断面をいじっておりました。目の前に現れて初めてわかることのありますよね。そうかと思えば駐車場計画で右往左往。

さて。
先日提出していたコンペの提出案が公開されておりました。
二世帯のうちの1世帯であるお母様のお部屋の扱いに注目すると、妙に設計者の内面が透けて見えるような感じがしました。いかがでしょう。

りんくはこちらです。

今回は懐かしいお顔がちらほら。
興味深い物件となりました。


サトカズのホームページ
サトカズとは
サービスと料金
設計のプロセス
サトカズの作品集

>>>お問合せはこちら

by satokazu_n | 2009-09-14 13:45 | 今日このごろ