人気ブログランキング |

サトカズの片割れがつづる設計の日常
by satokazu_n
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール

サトカズ事務所

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
タグ
(124)
(67)
(53)
(28)
(26)
(25)
(14)
(14)
(13)
(7)
(3)
(3)
(2)
カテゴリ
今日このごろ
展覧会
たてもの見学
インテリアプランニング
建築法規
家づくりのまえに
コンペ雑感
HC248-高窓と中庭のある住まい
HC241-彩のある住まい
模型
P1グランプリ
WH454-海と山を望む家
WH452-見晴し台の家
WH448-柔らかくつなぐ家2
WH447-柔らかくつなぐ家
HC219-ふたつの庭
HC218-杜と水のホール
WH431-見晴し台
HC207-二世帯住宅
WH422-T-house
HC204-よりそう家
HC203-素のすまい
HC202-自然と会話する家
以前の記事
2011年 02月
2010年 10月
2010年 08月
more...
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:今日このごろ( 99 )
メモ書き
設計事務所の役割って何かな、と考えています。
いくつかあるのでしょうけれども、いまちょっと思いついたのでメモ書きします。

1.条件の把握
(いつ、どこに、なにを、だれが、どのように、なぜ、いくらで・・・)
2.意見の集約
(クライアント、役所、施工者、各分野の専門家、利害関係者、仲間、メディア・・・)
3.要約と再表現
(具体的な目的物として集約し、実現を可能にする)

もっと簡単に書くと

1.なにがどうしたの?
2.みんななんて言ってんの?
3.そうするとこうなるけど、OK?

となる。

専門的知識よりも調整能力のほうが大切なのかもしれない。


サトカズのホームページ
サトカズとは
サービスと料金
設計のプロセス
サトカズの作品集

>>>お問合せはこちら

by satokazu_n | 2009-07-16 16:52 | 今日このごろ
皆さんお元気の様子でほっとしています。
このところコンペなど続けて提出しているのですが、甲斐あってそのうちのお一方に私どもの実作を見ていただくことになりました。そういったこともあって昔のお施主様に連絡をとっているのですが、皆さん温かく迎えてくださってありがたく思っております。

ついでに頼まれちゃったり、お願いしたりと案外いろいろあるものだなと思っています。

それが住宅というものかもしれませんね。


サトカズのホームページ
サトカズとは
サービスと料金
設計のプロセス
サトカズの作品集

>>>お問合せはこちら

by satokazu_n | 2009-07-15 13:48 | 今日このごろ
セミナー参加と、等々力渓谷、おそばなどなど
昨日は玉川区民会館セミナー建築家相談会へ参加してまいりました。
ご来場いただいた皆様、それから関係者の皆様、ありがとうございました。
さまざまなお話をうかがえたことで、大変な刺激を頂きました。
さらなるパワーアップを図りたいと思います。

セミナーの後、関係者の方といった蕎麦屋さんがなかなかいい雰囲気でした。
世田谷の建物の建てこんだとこから店内に入ると、豊かな緑がどん、と広がっていました。
暑さが一瞬で和らぐ感じがしました。

この近くには有名な等々力渓谷という公園があり、
このお店はそのロケーションのよさを最大限に利用しています。
お料理と会話がよかったので、景色のよさよりも時間を楽しんでしましましたが
また行ってみたいと思っています。

写真を撮ってくれば良かった。
お店の名前は「そば処ぎんや」です。
ググってください。


サトカズのホームページ
サトカズとは
サービスと料金
設計のプロセス
サトカズの作品集

>>>お問合せはこちら

by satokazu_n | 2009-07-13 18:04 | 今日このごろ
あるきまわる一日
今日は久しぶりに講師をしている関係で表参道へ行ってきました。
街は完全に夏。
時間に余裕をもって出てきて正解でした。
こんな日に走ったりでもしたら授業なんてできなかっただろうな・・・・・・
今年の生徒さんは色づかいが大人という感じがしました。
彩度を抑えた上で濃淡をうまく使っているような気がしました。
この調子でひとつよろしく。

その後、新宿の世界堂で日曜日の相談会での展示のための材料を買い、
案の定、見たこともない画材やら工具やらに目を奪われる。
いましがた帰ってきましたが、混雑した電車はまいった。

先日来お伝えしているコンペですが、先ほど他の提案が公開されたようでみています。
僕自身はこれしかないだろうと思っているのですが、毎回バリエーションの豊富さに
くらっとします。

人の数だけ方法がある、ということか。

登録しないとみれませんが登録自体は無料ですから、ご覧になってみてくださいませ。

リンクは下記です。

建築家と出会う場所ハウスコ/【241】杉並区Y邸(東京都)

それから私どものホームページにおきまして「長谷の家」という作品の解説を付け加えました。
よろしければご覧ください。リンクは下記です。

サトカズの作品 「長谷の家」



サトカズのホームページ
サトカズとは
サービスと料金
設計のプロセス
サトカズの作品集

>>>お問合せはこちら

by satokazu_n | 2009-07-07 20:16 | 今日このごろ
明日が楽しみ。またコンペ(仕事もちゃんとしています)
明日、とあるコンペに提案を出す予定です。
明日18時締切なので、8時頃には提出案をブログ掲載しようかな・・・・・・と考えております。

提案してまず最初に思うことは、ほかの人はどんな提案をしているのだろうか、ということです。
同じ敷地にアタックしているわけですから、何となく何を考えてどう設計したかがなんとなくよくわかる。
実際の設計では同じ敷地に複数の建築をたてることは不可能ですから、
コンペならではの醍醐味です。

クライアントへの対応、敷地への対応、作者のイメージ、という三つのベクトルがあって、
そのどちらに振れているか、という見方を僕自身はしているような気がします。
これにプレゼンテーションテクニックもあるかな。
とにかく、じっと見ていると体温が伝わるような瞬間があります。
音楽や舞踏や絵を楽しむのと本当に一緒です。

採用にならなければ、見返りがあるわけではないですから、
楽しく感じたほうが勝ちなんです。
というより、このときを味わうためにコンペに提案しているといった方がいいかもしれない。


サトカズのホームページ
サトカズとは
サービスと料金
設計のプロセス
サトカズの作品集

>>>お問合せはこちら

by satokazu_n | 2009-07-02 19:49 | 今日このごろ
模型のイスをかんがえてみる
d0138618_17382698.jpg

あんがい建物というのは家具によって印象付けられることが多い。
建物自体はどうということのない「白い箱」だったとしても、ちょろっと高価な、あるいは高価そうに見える椅子なぞ置いてあるとずいぶん印象が違うものです。

模型写真も同じことが言えて、箱なんて誰にでもできるし多少つくりが荒くても最近の写真は修正がきくのであまり困らない。模型のうまさよりも写真と画像補正の技術が高い方が何倍も魅力的な模型写真ができるのです。
とはいっても何もない空っぽの部屋であることは、写真や画像編集では何ともしがたいところがあります。
そこで模型の家具の登場です。これがあると部屋の用途や使い方、雰囲気などなどさまざまな臨場感を生み出すことができるのです。
問題はこの家具をどこで手に入れるか、です。
いまのところ自分ですべてつくる以外にありません。
いかした椅子がつくれないかなぁ、などとスケッチをしたりして。
製作上の限界もあるし、精度を出すための工夫もいります。
小さいのに構造的な検討もあったり、撮影時の固定方法や、イメージ戦略や・・・・・・

なかなか手間のかかる存在。


サトカズのホームページ
サトカズとは
サービスと料金
設計のプロセス
サトカズの作品集

>>>お問合せはこちら

by satokazu_n | 2009-07-01 18:03 | 今日このごろ
7月12日にセミナー出場いたします

7月12日(日)に、ASJ世田谷スタジオさん主催の建築家無料相談会に参加致します。

会場は、玉川区民会館 集会室、午前11時より午後6時まで行います。

ふだんお考えになっていることや、お悩みごとなど、お客様のお話をたくさんお聞きしたいと思っております。
私どももお答えいたしますので、この機会にぜひ足をお運びください。

あわせて作品パネルや模型などを展示いたします。

d0138618_9495833.gif



サトカズのホームページ
サトカズとは
サービスと料金
設計のプロセス
サトカズの作品集

>>>お問合せはこちら

by satokazu_n | 2009-06-30 09:51 | 今日このごろ
イベント準備と敷地の下見
d0138618_1212306.jpg


土曜日は昼間、都内を移動。
7月12日開催のイベントに参加するため、下見のため世田谷区民会館へ。
関係者の皆様お邪魔いたしました。
その後、軽く食事をして、今週末締め切りのコンペの敷地を下見。
都会では貴重なくらい力のある緑に隣接。
魅力を感じました。

敷地を見るときは、設計者という普段の自分をOFFにするようにしています。
単なるひとりの生活者としてこの土地をどう感じるのかな、と思うようにしています。
できるだけ専門家としてのステレオタイプから逃れたい。

ステレオタイプというのは結果にはある程度の正しさや適切さ、早さなどがあるのですが、
他の人から見ると意味不明、理解不能。
どうしても一種のバリアをつくってしまうような気がします。

そんな反省もあって、スマートな稚拙さ(ヘタウマっていうのかな)なんていうのがいいなあと。

真実や現実というものは後からぼんやりと見えてくるものであって、
いきなり突きつけるものではないんだろうなと思います。
プロフェッショナルというのはその距離感を心地よく演出するものなのかもしれませんね。

などと考えながら駅まで15分。暑い。


サトカズのホームページ
サトカズとは
サービスと料金
設計のプロセス
サトカズの作品集

>>>お問合せはこちら

by satokazu_n | 2009-06-29 12:37 | 今日このごろ
あこがれの金物を見に行きたくなった
d0138618_13305230.jpg
昨夜、相方がやや興奮気味に話しかけてきた。

見学に行ったショールームがすごくよかったとのこと。
スガツネというのは建築金物専門の会社なのですが、
設計業界では非常に有名な会社です。
収納などの家具や木製建具などを設計しようとすると
3冊ある分厚いカタログをよっこらしょっとひっぱり出してきて
あちこちを拾い読みすることになります。
(用もなく眺めてることも多いですが。金物のカタログは大好きです)

こちらのショールームが神田のあたりにあって、相方は昨日そこに行ってきたよう。
僕もまんざらではないし、どちらかというと家具建具は大好きだから
すぐに行ってみたくなった。

それはそれとして、
「実物見ないとわからないよ」というはなしがちょっと出て、
思いっきりうなずいてしまった。

削りだしと、鋳物と、メッキ・・・
ヘアラインや、バフがけ、鏡面仕上げ・・・などなど

でもどうして写真じゃわからないのかな、と。
どうしてつくり方による違いが目で見てわかるのか、
不思議でたまらない。

時間をおくことで見えてくるものがあるのかな、と感じることがある。
じっと見つめることで、時間をだんだん見えてくるものがある、と思う。
体の微妙な揺れによる立体感や
水晶体の焦点が合ってくるまでのボケ具合
それが写真にはないからじゃないか

と、小さな銀色のつまみの写真を見ていて思った。


サトカズのホームページ
サトカズとは
サービスと料金
設計のプロセス
サトカズの作品集

>>>お問合せはこちら

by satokazu_n | 2009-06-26 19:00 | 今日このごろ
近況など
気がついたら1週間も更新が滞っておりました。

以前設計させていただいたお宅に撮影にお邪魔したり、コンペの図面を書いていたり、打ち合わせや計画案の図面提出などなど。
もうすこし落ち着いて計画的に事を進めなければと思う今日この頃です。

「ゾーニング」を最後まで書かねば。


サトカズのホームページ
サトカズとは
サービスと料金
設計のプロセス
サトカズの作品集

>>>お問合せはこちら

by satokazu_n | 2009-06-12 12:37 | 今日このごろ