人気ブログランキング |

サトカズの片割れがつづる設計の日常
by satokazu_n
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

サトカズ事務所

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
タグ
(124)
(67)
(53)
(28)
(26)
(25)
(14)
(14)
(13)
(7)
(3)
(3)
(2)
カテゴリ
今日このごろ
展覧会
たてもの見学
インテリアプランニング
建築法規
家づくりのまえに
コンペ雑感
HC248-高窓と中庭のある住まい
HC241-彩のある住まい
模型
P1グランプリ
WH454-海と山を望む家
WH452-見晴し台の家
WH448-柔らかくつなぐ家2
WH447-柔らかくつなぐ家
HC219-ふたつの庭
HC218-杜と水のホール
WH431-見晴し台
HC207-二世帯住宅
WH422-T-house
HC204-よりそう家
HC203-素のすまい
HC202-自然と会話する家
以前の記事
2011年 02月
2010年 10月
2010年 08月
more...
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
タグ:お仕事 ( 25 ) タグの人気記事
7月12日にセミナー出場いたします

7月12日(日)に、ASJ世田谷スタジオさん主催の建築家無料相談会に参加致します。

会場は、玉川区民会館 集会室、午前11時より午後6時まで行います。

ふだんお考えになっていることや、お悩みごとなど、お客様のお話をたくさんお聞きしたいと思っております。
私どももお答えいたしますので、この機会にぜひ足をお運びください。

あわせて作品パネルや模型などを展示いたします。

d0138618_9495833.gif



サトカズのホームページ
サトカズとは
サービスと料金
設計のプロセス
サトカズの作品集

>>>お問合せはこちら

by satokazu_n | 2009-06-30 09:51 | 今日このごろ
イベント準備と敷地の下見
d0138618_1212306.jpg


土曜日は昼間、都内を移動。
7月12日開催のイベントに参加するため、下見のため世田谷区民会館へ。
関係者の皆様お邪魔いたしました。
その後、軽く食事をして、今週末締め切りのコンペの敷地を下見。
都会では貴重なくらい力のある緑に隣接。
魅力を感じました。

敷地を見るときは、設計者という普段の自分をOFFにするようにしています。
単なるひとりの生活者としてこの土地をどう感じるのかな、と思うようにしています。
できるだけ専門家としてのステレオタイプから逃れたい。

ステレオタイプというのは結果にはある程度の正しさや適切さ、早さなどがあるのですが、
他の人から見ると意味不明、理解不能。
どうしても一種のバリアをつくってしまうような気がします。

そんな反省もあって、スマートな稚拙さ(ヘタウマっていうのかな)なんていうのがいいなあと。

真実や現実というものは後からぼんやりと見えてくるものであって、
いきなり突きつけるものではないんだろうなと思います。
プロフェッショナルというのはその距離感を心地よく演出するものなのかもしれませんね。

などと考えながら駅まで15分。暑い。


サトカズのホームページ
サトカズとは
サービスと料金
設計のプロセス
サトカズの作品集

>>>お問合せはこちら

by satokazu_n | 2009-06-29 12:37 | 今日このごろ
あこがれの金物を見に行きたくなった
d0138618_13305230.jpg
昨夜、相方がやや興奮気味に話しかけてきた。

見学に行ったショールームがすごくよかったとのこと。
スガツネというのは建築金物専門の会社なのですが、
設計業界では非常に有名な会社です。
収納などの家具や木製建具などを設計しようとすると
3冊ある分厚いカタログをよっこらしょっとひっぱり出してきて
あちこちを拾い読みすることになります。
(用もなく眺めてることも多いですが。金物のカタログは大好きです)

こちらのショールームが神田のあたりにあって、相方は昨日そこに行ってきたよう。
僕もまんざらではないし、どちらかというと家具建具は大好きだから
すぐに行ってみたくなった。

それはそれとして、
「実物見ないとわからないよ」というはなしがちょっと出て、
思いっきりうなずいてしまった。

削りだしと、鋳物と、メッキ・・・
ヘアラインや、バフがけ、鏡面仕上げ・・・などなど

でもどうして写真じゃわからないのかな、と。
どうしてつくり方による違いが目で見てわかるのか、
不思議でたまらない。

時間をおくことで見えてくるものがあるのかな、と感じることがある。
じっと見つめることで、時間をだんだん見えてくるものがある、と思う。
体の微妙な揺れによる立体感や
水晶体の焦点が合ってくるまでのボケ具合
それが写真にはないからじゃないか

と、小さな銀色のつまみの写真を見ていて思った。


サトカズのホームページ
サトカズとは
サービスと料金
設計のプロセス
サトカズの作品集

>>>お問合せはこちら

by satokazu_n | 2009-06-26 19:00 | 今日このごろ
佃(つくだ)の家の解説を書きました
ホームページに掲載している佃(つくだ)の家の紹介ページに解説を書き足しました。
やはり写真だけじゃわかりづらいですね。
工夫したところや設計者として気に入っているところをちょこちょこと書いていくと、
逆にそうだったのかなと気づかされることがあります。
他の作品についても、もっと丁寧にもっと豊富に自分の仕事を紹介していきたいと考えています。

d0138618_10144993.jpg


リンクはこちら


サトカズのホームページ
サトカズとは
サービスと料金
設計のプロセス
サトカズの作品集

>>>お問合せはこちら

by satokazu_n | 2009-05-12 10:17 | 今日このごろ
昨日は一日拘束。管理建築士ってこんなにいたんだぁ
d0138618_9445668.jpg
写真のファイルを開いて、ここはどこかと思ったパシフィコ横浜のから見た風景です。僕の記憶だと高層の病院ぐらいしか建っていなかったような気がしたのですが、軽い浦島効果を感じました。建物の色が全部白で統一されていて日本ではないような雰囲気がします。

d0138618_9464217.jpg
昨日は管理建築士講習のため一日拘束でした。朝10時から夜7時までいい意味でも悪い意味でも官僚的なスケジュールにばっちりと管理されてしまいました。まさに管理された建築士の講習、ですね。
でも、講習で渡された教科書はよくまとまっていていい出来だなと思いました。法改正のタイムラグの結果をうけて微妙に時代遅れになっている部分を補足しているのはご愛嬌として、建築士事務所の「経営」について体系的にまとめられている点は評価できると思いました。言い過ぎかもしれませんが、おいしい本をいただいた(ちゃんと講習代を払っていますが)という感覚すらあります。会計学や経営学というのは案外分かり難いもので、それというのも体系的な論理展開をひととおり飲み込まないと理解できない「感覚」もあるからだと思っています。

それをまぁ、ご丁寧に一日缶詰で教えていただいたのだから意味があったと思いたくなるでしょう。

d0138618_9452564.jpg

クイーンズスクエアの吹抜けから、地下鉄のみなとみらい駅を見下ろす。
意外な見え方。都市のスケルトンが露出している。
ホームに入ってくる電車が見えました。


サトカズのホームページ
サトカズとは
サービスと料金
設計のプロセス
サトカズの作品集

>>>お問合せはこちら

by satokazu_n | 2009-04-14 10:10 | 今日このごろ
本日はパシフィコ横浜です。
本日は、管理建築士講習のため夕方まで拘束です、
お勤め頑張ります。

一級建築士の講習も行かなきゃいけないのか・・・


サトカズのホームページ
サトカズとは
サービスと料金
設計のプロセス
サトカズの作品集

>>>お問合せはこちら

by satokazu_n | 2009-04-13 08:21 | 今日このごろ
桜と道路、打合と調査
d0138618_14475422.jpg 写真は青山の住宅街に咲く桜です。道路の真上まで伸びて悠々と咲いています。いいですね。トラックの運転手の方は大変かもしれませんが。それから近隣の方の花びらや落ち葉の清掃も大変そう・・・などと要らないことを感じながら、単なる通行人としての私はただただ目福を楽しませて頂きました。感謝。

 分譲宅地などの住宅街と、こういった旧来からの住宅街では、敷地境界線の柔らかさがぜんぜん違うなぁと思うことがあります。敷地境界線は権利の分かれ目ですが、あくまでも人間が勝手にひいた線です。自然界にもともと最初っからあったわけではありません。犬やネコ、小鳥や虫たち、草や花はこんな線などおかまいなく、どんどん、どんどん、越境していってしまうのです。

 それが良いときと悪いときがあるのでしょうけれども、がんじがらめになってしまった権利関係に風穴をあけ、解きほぐしてくれる写真のような花があるからこそ、柔らかな街並ができるのでしょうね。

打合せの後、川崎市役所へ。開発関係。書類多し。あー。


サトカズのホームページ
サトカズとは
サービスと料金
設計のプロセス
サトカズの作品集

>>>お問合せはこちら

by satokazu_n | 2009-04-09 14:49 | 今日このごろ
行政的な規制の資料
建物を建てるための土地つまり敷地には様々な法律などの規制がかかっています。これを守らない建物は建てられません。よく理解しておく必要があります。すでに土地を購入された方はお手元に重要事項説明書というものがあるはずです。間違いがなければそのとおりの内容を理解すればよいことになります。不動産屋さんのチラシなどでこれから検討するという方は下記の内容を市役所、区役所などに問い合わせてみましょう。

□ まず市役所や区役所の都市計画課とか建築審査課、建築指導課、まちづくり課といった名前の部署に行きます。前もって総合案内でどこに行ったらよいか問い合わせておくと便利です。まったく違う別の場所だったということもありえます。用心、用心。

□ 都市計画地域の内外、市街化区域、市街化調整区域の別
     とりあえず控えておきましょう。説明すると長くなるのでカット(笑)

□ 都市施設
     たまに都市計画道路などがかかっている場合があります。
     規模や構造などの規制内容がありますので要チェックです。
     この区域内になると基本的には軽易なもの(地下なしの木造2階建て程度)
     しか建ちません。

□ 用途地域
     その地域に建ててもよい用途(住宅とか店舗とか)がわかります。
     住宅の場合は工業専用地域以外は建てることが可能です。

□ 容積率
     敷地面積をもとにして建物の床面積の限度がわかります。

□ 建ぺい率
     敷地面積をもとにして建物の建築面積(各階を重ねて見たときの
     最大範囲の面積)の限度がわかります。当然100%以内の数値。

□ 防火指定
     防火地域、準防火地域、無指定などといわれるものです。
     これによって建物に使われる材料などが規制されます。

□ 高度地区
     東京都、横浜市、川崎市などはこの高度地区によって、
     建物の高さが規制されています。
     名前(第1種高度地区とか)と規制内容(5M+0.6Lとか)をメモしておきましょう。

□ 日影規制
     建物の形状や高さが日陰になる部分の大きさ、時間によって規制されています。

□ その他の規制
     建築協定、地区計画、風致地区、埋蔵文化財包蔵地といった規制があります。
     メモしてその内容を質問してみましょう。

 他にもありますが都市計画課などにおいてある都市計画図にのっていることぐらいは把握しておきましょう。建ぺい率と容積率がわかればそこに建つ建物の大きさは見当がつきます。あとは道路斜線、高度地区、日影規制などの内容によって精度が上がってきますが、これらは図面を描いてみないと正確にはわかりません。このあたりで専門家登場!ということになると活躍のしがいもあります。はい。

実はこれらの内容は地域によってインターネットで調べることもできます。
下記にリンクを掲載しておきます。

東京都:都市計画情報インターネット提供サービス
各区ごとの情報サービスもあるので合わせて利用すると便利です。逆にない区もあるとか。
インターネットブラウザの設定がポップアップ禁止になっていると役に立ちません。ご注意を。

横浜市:i-マッピー(まちづくり地図情報)
建築基準法上の道路や道路台帳、下水道台帳も調べられる優れもの。規制も細かいけど。

川崎市:川崎市都市計画情報インターネット提供サービス
使い心地がいいです。ときどきくらっときますが・・・。

これらの情報は最終的には担当窓口で確認する必要があります。念のため。


サトカズのホームページ
サトカズとは
サービスと料金
設計のプロセス
サトカズの作品集

>>>お問合せはこちら

by satokazu_n | 2009-03-31 14:32 | 家づくりのまえに
土地購入前の簡易設計
d0138618_18544450.jpg

「土地購入を考えていますが、理想の間取りの建物が建つかわからず踏み切れずにいます。
図面を書いていただけないでしょうか・・・」


不動産屋さんと詳しい打合せに入る前の段階でもだいたいの資料が揃えば、どのくらいの大きさの建物が建つかということを検討することができます。必要になる資料は2種類あります。敷地形状の資料行政的な規制の資料です。

敷地形状の資料としては、不動産屋さんの土地の図面(方位、縮尺のわかるもの)があればなんとかなります。また法務局にある地積測量図があると精度のよい検討が可能です。道路についても把握しておきたいのですが、とりあえず2m以上の接道とおよその幅員がわかれば大丈夫です。

行政的な規制の資料としては、少なくとも用途地域、建ぺい率、容積率、高度地区、最高高さ制限などの規制があげられます。東京都内、川崎市、横浜市、といった地域であればネット上で調べることもできますので、住所などがわかれば私ども設計者側で調べることもできます。

それから敷地に起伏がある、擁壁の有無などがわかると助かります。状況が許せば見に行ってみることもできます。また多少時間があるのであれば、足りない資料をかんたんに当たってみることもできます。

この場合の検討は土地購入前の簡易設計というべきもので、きちんとした敷地調査をしないとわからないことや誤差というものを含んでいるということに注意して下さい。不動産屋さんとお打合せのなかで、より詳しい資料が出てくると思います。それらがわかってからまた検討し直すという作業をすることもできます。

料金については基本的に実費程度とさせて頂きます。もちろん設計のご依頼を前提にお考えの場合は設計料のなかに含ませて頂きますので、別途請求することはありません。

十分な検討の上、土地購入に踏み切って下さい。

>>> お気軽にお問合せください
by satokazu_n | 2009-03-16 19:37 | 家づくりのまえに
昨日は撮影日和
d0138618_10414771.jpg昨日は設計した建物の撮影に行ってきました。引き渡しが迫っているのでタイミングを逃せません。外観も合わせて撮ってしまいたかったのですが、いまだに未施工部分がありガタガタとやっているのでやむなく後回し。(早くしてね)
写真は屋上に上がることの出来る「庇」です(あくまでも庇であることを強調@法規対策)。眺めが良くて気持ちいいですよ。

d0138618_1042271.jpg建物自体はかなり広めのワンルームマンションです。全室ロフト付きなのが売り。おかげさまで全室契約が済みましてホッとしております。
コスト的に既製品のオンパレードですが、収益物件であることを考えると妥当な選択と考えています。建築家として既製品とどうやったら仲よくなれるかな、と考えています。けっこう悩ましい問題。
by satokazu_n | 2009-03-13 10:55 | 今日このごろ