人気ブログランキング |

サトカズの片割れがつづる設計の日常
by satokazu_n
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

サトカズ事務所

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
タグ
(124)
(67)
(53)
(28)
(26)
(25)
(14)
(14)
(13)
(7)
(3)
(3)
(2)
カテゴリ
今日このごろ
展覧会
たてもの見学
インテリアプランニング
建築法規
家づくりのまえに
コンペ雑感
HC248-高窓と中庭のある住まい
HC241-彩のある住まい
模型
P1グランプリ
WH454-海と山を望む家
WH452-見晴し台の家
WH448-柔らかくつなぐ家2
WH447-柔らかくつなぐ家
HC219-ふたつの庭
HC218-杜と水のホール
WH431-見晴し台
HC207-二世帯住宅
WH422-T-house
HC204-よりそう家
HC203-素のすまい
HC202-自然と会話する家
以前の記事
2011年 02月
2010年 10月
2010年 08月
more...
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
タグ:模型 ( 26 ) タグの人気記事
柔らかくつなぐ家
柔らかくつなぐ家の提出図面を公開します。ご覧下さいませ。

d0138618_21393787.jpg


左上の写真は玄関からリビングダイニングに入ったところの写真です。視線の先にはデッキテラスがあり、その先に庭が広がっています。左手にリビングとテレビが置かれ、正面にダイニングがあります。右手に対面式のキッチンがあります。このように左右にリビング、ダイニング、キッチンと配置されているので、それぞれに直接アクセスできることになります。天井には2階のスタディーコーナーに通じる吹抜けがあり、窓から光が落ちてきています。(右の写真を参照)左下の写真はデッキテラスからみた写真です。キッチンの奥に2階へ上がる階段があり、家族はここを経由して各個室に行くことになります。キッチンが門番のようになっているような感じですが、どこか一カ所ぎゅっと締めておくと、その奥はもっと親密な空間になる、という仕掛けでもあります。

実は模型の材料、素材はかなり吟味しています。家や建物(僕らは建築といってますが)って、間取りや平面、断面、といったカタチだけでなく「素材」によってつくられていると考えています。極端に言えば、全く同じ平面や断面やカタチであっても、素材をコントロールできれば全く違うものが出来るのです。それに、コンペという限られた情報の中で、「素材」というものは全く省みられないこともあり、それを見せたい、そこに魅力を感じてほしいと考えています。というわけで、かなり、こだわっています。はい。

d0138618_21392125.jpg


平面図です。写真とみくらべてどこから撮影しているかなんて考えると面白いかもしれません。

d0138618_2139022.jpg


断面ですが、この提案の中核をなす部分ともいえます。外部と内部にデッキテラスという中間領域を設けて、さらに高くしてバリアを強めています。ただし、外からみるとデッキテラスの際は盛り土され、直裁などがあることによってバリアは弱められ、連続と不連続が入り乱れるような様相をもくろんでいます。立面は特にあるかな、という程度です。個人的に立面に関心がありません。営業的には立面を頑張った方がいいのかな。

さて、いかがなものでしょうか。

この提案はクライアントとの面談までいったのですが、惜しくも・・・。
それからこの提案を引き継ぎながら2階リビング案をつくってます。時期をみて公開しましょうか。いいのかな?

宜しければご感想など賜りたく候。
by satokazu_n | 2008-12-10 22:05 | WH447-柔らかくつなぐ家
コンペ進捗
d0138618_1850393.jpg


写真はリビングダイニングの別アングルです。吹抜けをとおして2階のスタディーコーナーがみえています。
ちなみにこのコンペはクライアントとの面談が決まりましたので、プレゼン資料など製作中です。
by satokazu_n | 2008-11-19 19:19 | WH447-柔らかくつなぐ家
柔らかくつなぐ家
d0138618_2064660.jpg



昨日、あるコンペに提出した小住宅です。内と外の関係や1階と二階といった内部どおしの関係を柔らかくつないでいこうというコンセプトで設計を行いました。

写真はリビングダイニングの様子です。リビングとダイニングの間に吹抜けを設けて2階との連続、一体感をつくっています。また、ダイニングの天井を上げて空間を緩め、大きな開口部から空へと放っています。敷地はご両親の敷地の一部だったため、世帯としての独立性だけでなく、周囲との親和性も求められていると考えました。そのため、家の中のプライバシーを成立させながらも、外からはある程度ひらいているような、気さくな、やさしい印象が出るように工夫を重ねています。

簡単にいって完全に外をシャットアウトするコートハウス的な解き方が最も楽なのですが、この敷地には物々しく場違いな服装という感じがしたので、視線の交通整理や存在感を和らげるといった方法で両者の関係をつくりあげています。
by satokazu_n | 2008-11-05 20:29 | WH447-柔らかくつなぐ家
つらつらと・・・
d0138618_22175244.jpg



ふたつの庭のダイニングとキッチンです。

コンペが終わって応募作品が公開になり、自分の応募案も冷静に眺められるようになってきている今日この頃。キッチンとダイニングの位置は取り替えた方がいいなぁなどと思いながら模型写真を見返しています。ダイニングとリビングの直線的な配置がやや堅いような気がするし、空間に変化を付けてもっと流動的な感じや多様性を持たせた方がいいのかも知れない。水回りが分散して設備関係の処理が面倒になるような気もするのですが、そもそも1階のトイレの位置がイレギュラーなので、今さら集約化に拘ってみてもたかが知れているのかも。なにはともあれもう少しいじってみたい誘惑に駆られたりしています。

他の提案の感想としては、やっぱり規模的に大きめの提案が多かったなと感じました。大きめな案の欠点は隣との距離がとれないため、プライバシーや日照、通風などに支障が出てくることです。そのため、1階で最大ボリュームを確保し、2階は中庭をつくることで生活環境を整えるという構成になるのですが、どうしても閉鎖的になる。そこを皆さん苦労している様子が伝わってきます。無理せず敷地や予算規模の身の丈にあった提案をしておけば南側に庭が取れてプライバシーや日照、通風などの問題も解決出来るのに・・・と思うのですが、いかがなりますでしょうか。

今まで最大ボリュームのつくろうとするのは提案者のクライアントへのサービスではないかと思っていたのですが、ひょっとすると設計者って本能的にデカイものをつくりたいと考えちゃうのかもしれませんね。今回の応募案を見渡すと、そんな設計者の無意識を感じたりするのですが、どうなんでしょう。建物をつくるときには敷地とのバランスをみると思うのですが、最近はそういうことしないのかな?

応募案はこちらのリンクです。

近況 : 近日提案予定。2作品。現在思案中。

それから、以前提案したコンペ(落選)の結果がこちらにアップされています。

採用案って設計変更でだいぶ変わっちゃいそうだな(構造問題)、などと思いつつ、僕らの案も生彩に欠けており大いに反省するべし。 以上
by satokazu_n | 2008-10-28 22:45 | HC219-ふたつの庭
ふたつの庭
d0138618_19215614.jpg


今しがた提出したコンペ案「ふたつの庭」です。

僕らのつくろうとしているものは何だろうかと考えると、ギターやヴァイオリンなどの楽器のようなものが見えてくる。楽器は面白い。電気を使った楽器以外は、空気を振動させて音をつくるという単純な機能しかない。であるのに様々なかたちや大きさ、色、文化をもっている。さらに、ひとつひとつの楽器は一定のフォーム(基本形状)を持っていながら、様々な工夫によってそれぞれ個性を持っている。演奏出来なくたって見ているだけで美しいと思えるし、ほしいとさえ思う。誰でも手に入れることができるのに、同じ演奏は誰にも出来ない。例えればきりがないほど「住まい」と「楽器」はよく似ている。

楽器のように住まいをつくりたい。僕らの住まいで生活という音楽を奏でてほしい。
そんなことを考えていたら、写真のようなものをつくってしまった。
「建築」的には面白みはないと思うのだけれど。(それでも見る人が見れば感じるものがあると思うし、そうあってほしいのだけれど)僕らなりにここで暮らしてみたいと思うし、触れてみたいと思う。模型であってさえ、そうあってほしい。

日が陰っているので、写真が赤くなってしまった。
by satokazu_n | 2008-10-07 19:36 | HC219-ふたつの庭
よりそう家
先日提出したコンペの模型を掲載します。ご覧下さい。
d0138618_10261375.jpg

角地なので、やはりコーナーの表情が大事になります。ふたつの家がよりそって、肩をよせ合っているように見えたらよいのですが、いかがでしょう。

d0138618_10263716.jpg

北側の立面です。右手は玄関と子供部屋からなる小さな家です。中央の大きな家はリビングや主寝室が入っています。左手のガレージも小さな家として屋根が掛けられています。

d0138618_10265370.jpg

よっつの小さな家が中庭を囲んでよりそっています。中庭には一本の樹が植えられて、小さいけれども純粋な家族の庭がつくられています。

d0138618_10271162.jpg

空からみています。右手前が南になります。左手前に玄関と子供部屋、左奥の2階建てはリビングと主寝室、右手奥にキッチン、トイレ、洗面、浴室がはいり、右手前には和室があります。ダイニングは中庭に飛び出していて、中庭の自然を楽しむことができます。
by satokazu_n | 2008-05-02 10:42 | HC204-よりそう家
よりそう家
d0138618_1044921.jpg

西立面です。

d0138618_10442076.jpg

南西から見ています。屋根が重なってひとつの景色を見せています。
これだけのボシューム(かたまり)がひとつの物体として見えてしまうと、この町の風景の中ではかなり異質な雰囲気を生み出してしまうと感じました。近隣なんて関係ねぇー、と言ってしまえばそれまでですが、これまでの経験や勉強してきたことからすると、当然配慮すべき問題として現れてきます。

d0138618_1044521.jpg

なんとなく教会や修道院の建物を思い浮かべるかのしれませんが、それを意識しているわけではありません。
モダンデザイン+ちょっと和という要望があったのですが、ちょっとはずれちゃったのかなと思っています。「よりそった感じ」を出すために切り妻の屋根をモチーフにした段階で「和」からは距離が出た感じです。でも表現したいことがある程度出来たので、よいことかなと思っています。
内観のパースが描けなかったことが悔やまれます。今度は頑張りますのでよろしく。
by satokazu_n | 2008-05-02 10:00 | HC204-よりそう家
T-house
あるコンペに応募した提案の模型(内観用)です。
模型をつくる理由はいろいろあるのですが、なかでも光の感じを把握するには模型以外の方法はなさそうです。最近ではCGのラジオシティーレンダリングなど間接光を正確に再現する方法もあるのですが、操作性や汎用性に劣るような気がします。結局、現実の再現なのですから現実にかなうわけがない。そのほかスケール感や視線のとおりや高さなど、検討に役立つ点は多いのです。

d0138618_2253434.jpg

d0138618_2254415.jpg

d0138618_2255264.jpg

d0138618_226120.jpg

d0138618_2261134.jpg

by satokazu_n | 2008-03-05 22:20 | WH422-T-house
T-house
d0138618_2203237.jpg

d0138618_2205552.jpg

d0138618_221856.jpg

d0138618_221237.jpg

d0138618_2213435.jpg

by satokazu_n | 2008-03-05 22:02 | WH422-T-house
HC202ー自然と会話する家
d0138618_21133613.jpg

d0138618_21134547.jpg

d0138618_21135386.jpg

d0138618_211434.jpg

by satokazu_n | 2008-02-20 21:14 | HC202-自然と会話する家